【竹内美樹の口福のおすそわけ 319】新タマネギ 宿泊料飲施設ジャーナリスト 竹内美樹

  • 2020年5月23日

 今が旬で、どんなお料理にも変身しちゃう優秀な野菜ってなぁ~んだ?

…と、ステイ・ホームでクイズ番組を見過ぎた影響じゃないが、答えは「新タマネギ」。親しくさせていただいている香川県観音寺市の森川さんが、自家菜園で栽培された新タマネギを送って下さると、毎年あぁ春が来たんだなぁと感じる。

 お宅にお邪魔した際、庭の畑を見せていただいたことがある。葉が倒伏するのが収穫の合図。鱗茎(りんけい)部分、つまりタマネギが太ってくると葉の成長が止まり、茎が空洞化して葉の重さを支えきれなくなるそうだ。力いっぱい引き抜き、収穫初体験の後にいただいたのだが、ウマイの何の!

 1品目は、タマネギサラダ。切っただけで、水にさらさなくても辛味がなく、逆に甘味タップリ。油でカリッと揚げたジャコとともにいただけば、新タマネギのみずみずしさとジャコのサクサク感がたまらない。2品目は天ぷら。薄衣でサッと揚げると、より甘味が強くなり、ジューシーさも増す。油との相性も良く、かき揚げでもオニオンリングでも楽しめる。冒頭で述べた通り、タマネギのお料理バリエーションは無限大。新玉だとさらにグレードアップする。

 薄切りにして、おかかとポン酢をかけただけのシンプルな食べ方もおいしい。切ってすぐ生で食せるのが、新タマネギの優れたところ。タマネギを切ると涙が出るが、この刺激臭や辛味の正体は硫化アリル。辛いからって水にさらすと、水溶性なので流れ出ちゃうのだが、実はコイツ、悪者ではなく、むしろ味方である。血液サラサラ効果があり、血圧や血糖値も下げる上、悪玉コレステロールも減らすらしい。免疫力を高める作用や殺菌効果もあり、イマドキぴったりだ!

 ヤツは熱にも弱いので、生のまま食すのがベター。ってことで、筆者がよく作るのが「ヤンパチャンアチ」。ヤンパとは韓国語でタマネギの意、チャンアチとは野菜をしょうゆや酢で漬けた物のことだそう。つまり、韓国式漬物ってとこだ。

 でもやっぱり、熱してもベリウマ。火の通りが早いのも魅力だ。丸ごと蒸すのも、水分が多いからレンジアップで超簡単。厚めの輪切りでバター焼きもイイ。今年はほんの少しジャガイモを入れてヴィシソワーズを作ってみたが、すごく甘いスープができた。シーズン中に、新タマネギギッシリのキッシュも作りたい。

 通年流通しているタマネギは、貯蔵できるように1カ月程度乾燥させてから出荷されるが、フツーの黄タマネギでも収穫直後に出荷すれば新タマネギだ。近年では、1月下旬から出荷される宮崎県延岡市の極早生種「空飛ぶ新玉ネギ」をはじめ、熊本県の「サラたまちゃん」、兵庫県の「淡路フルーツたまねぎ」など、生食を推奨する新タマネギのブランド品種も多い。

 森川さんちの新玉は、大きさも形もまちまちだが、愛情タップリに育てられているからか、甘くて美味。大地の恵みと人のご縁に感謝しつつ、たくさん食べてウイルスと闘うぞ~!。

 ※宿泊料飲施設ジャーナリスト。数多くの取材経験を生かし、旅館・ホテル、レストランのプロデュースやメニュー開発、ホスピタリティ研修なども手掛ける。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram