【私の視点 観光羅針盤 144】夕張再生の後押し 石森秀三

  • 2018年5月14日

 今年は明治元(1868)年から満150年の節目の年に当たる。明治維新以降、近代国民国家への第1歩を踏み出した日本は、多岐にわたる近代化への取り組みを行い、国の基本的な形を築き上げてきた。とくに殖産興業の面で、北海道は石炭供給基地として重要な役割を果たした。

 1874(明治7)年に北海道開拓使のお雇い外国人B・ライマンが夕張を踏査して石炭鉱脈の存在を報告し、1888(明治21)年に北海道庁の坂市太郎技師が夕張川流域を詳細に再調査して大露頭(鉱脈)を発見し、入植者の募集と試掘が繰り返された。

 その後、北炭(北海道炭礦汽船)や三菱石炭鉱業が大規模な産炭を行い、夕張は国内有数の産炭地として活況を誇り、日本の殖産興業のために大きく貢献した。その結果、1960(昭和35)年には人口が約11万7千人を記録した。

 ところが1960年代後半以降のエネルギー革命(石炭から石油へ)によって相次いで炭鉱が閉鎖され、炭鉱の斜陽化・衰退が生じる中で、79年に夕張市長に就任した中田鉄治氏は「分不相応の投資をしなければ夕張市は再生しない」と主張して、「炭鉱から観光へ」というスローガンの下で夕張再生を図った。

 80年に夕張市石炭博物館、83年に石炭の歴史村、85年にめろん城、88年にロボット大科学館、2002年にマウントレースイスキーリゾート(松下興産から購入)など、国からの資金などを活用して次々に観光施設を開設した。

 観光施設投資に伴う放漫経営で累積赤字が生じた結果、07年に財政再建団体に指定された。11年に夕張市長選で当選した鈴木直道氏は当時30歳で全国最年少市長であった。

 鈴木市長は財政破綻で市役所職員数が半滅する中で夕張再生に取り組んでいるが厳しい状況が継続されている。最盛期に11万人を超えていた人口は現在8305人で、45年の推計人口は2253人と予測されている。

 夕張の厳しい未来が想定される中で、4月末に夕張市石炭博物館がリニューアルオープンした。博物館本館・模擬坑道を全面改修し、30年以上変化がなかった本館展示を一新、市直営から市民団体(NPO炭鉱の記憶推進事業団)の運営に移行した。

 この博物館は国内最大級の石炭の博物館で、特に模擬坑道は日本で唯一見学できる炭鉱坑道。夕張の石炭産業は日本の近代化を支えた歴史を有しているために、博物館は市民とともにさまざまな人々の記憶や証言を後生に伝えていく役割を担っている。

 かつての「観光施設としての石炭博物館」ではなく、「地域で支え・関わり・学ぶ場としての石炭博物館」を目指している。私もできる限り夕張を訪れることによって、少しでも夕張再生の後押しをしたいと念じている。

(北海道大学観光学高等研究センター特別招聘教授)

関連する記事

前回に引き続き、老朽化する旅館・ホテルが取るべき指針について、ケース分けしながら説明しよう。取るべき指針を決定する要素は、(1)今後の業績見通し(2)借入金残高(3)建物…

続きを読む

従って、バス乗務員不足の解消に向け、「女性」と「若年層」への期待は大きい。 現在、全国で12.5万人いるバス乗務員(事業用のバス)のうち、女性の比率は1.5%に過ぎない…

続きを読む

昨年の連載で旅館に使用する熱源をバイオマスボイラーでまかなうという新たな取り組みをしている群馬県中之条町のたんげ温泉美郷館を紹介しました。 そんな美郷館に志をもった新入…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

日本舞踊の山村若瑞(2016ミス日本酒奈良代表)さんが来社!