【直販を増やす】デジタルマーケティングトレンド49 松本慶大

  • 2022年6月22日

松本氏

 直販を増やすために、宿泊施設公式のウェブサイトでデジタルマーケティングの施策を行うに当たり、ウェブサイトの解析は必須になる。

 サイト解析のツールとして、有名なGoogleアナリティクス(UA)は2020年10月にリリースされた第4世代のGoogleアナリティクス4(GA4)は、以前のバージョンと比較して大幅にリニューアルされた。今回はGA4の対応の続編をお伝えする。

 現行のUAの計測を23年7月1日に停止すると発表。その後は、GA4での計測のみとなる。

 では、GA4は、現行のUAとどのような違いがあるのか、簡単に説明する。UAは、計測に「ページ」と「訪問」が基本の単位で分析が行われている。

 計測対象の「ウェブサイト」側の環境を元に計測が行われている。GA4は、計測に「ユーザー」と「アクション」が基本の単位となる。ユーザーがウェブサイト内でどのような行動を行ったか(スクロール、クリック、購入など)について数値計測するものとなる。このように、基本的な計測の思想が異なるため、計測方法、実装方法が変わり、取得できるデータが変わる。また、GA4のレポート画面が大きく変わる。

 ▼参照 https://www.ga4.guide/

 UAでは、Googleからユーザーが見るべき指標を簡単に確認できるように、レポート画面がデフォルトで用意されていたが、GA4は見るべき指標をユーザーが設定する必要がある。また、UAで設定されていたカスタムレポートや、コンバージョン設定など、アカウント(ビュー)ごとに設定されていた項目は、GA4へ自動で移行されない。では、23年7月1日にUAの計測が終了するまでに、何をすべきか。

 弊社が推奨する対応内容は次の通り。

 (1)UAで設定していた計測内容の棚卸し

 (2)GA4の基本設定(UAと並行して計測可能)

 (3)Googleタグマネージャーの基本設定

 (4)Googleタグマネージャーで、カスタマイズ設定(計測したいユーザーのアクション=イベントを独自に設定する場合、Googleタグマネージャーの設定が必須となる)

 (5)計測結果をレポート化するためのダッシュボード構築

 GA4はデータの保持期間がデフォルト設定で2カ月間、手動で最大で14カ月まで設定が可能だ(UAは50カ月)。23年7月1日の時点で、GA4において前年同月比の数値を見る場合には22年6月末までに、GA4の設定が必要になる。UA停止が23年7月1日とあるが、上記のように、新しい計測思想の理解、GA4の設定、新たな計測指標の習得、データ保持期間(GA4設定後のデータ)を鑑みると早急な設定をお勧めする。

 弊社では、こちらのGA4の設定についてサポートしている。ご興味、ご相談のある方はこちらまで(info@collely-at.com)お問い合わせください。

 (コレリーアンドアトラクト代表取締役)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram