【直販を増やす】デジタルマーケティングトレンド45 松本慶大

  • 2022年2月25日

松本慶大氏

 ◆「メタバース」と旅行・観光産業の未来

 「メタバース」。いわゆる、次世代の仮想空間のことだが、最近耳にすることが多くなった。

 メタバース(Metaverse)とは、メタ(Meta、「超越した」「何にでもなれる」といった意味を持つギリシャ語の接頭辞)と、ユニバース(Universe、宇宙、森羅万象、全世界などの意味)を組み合わせた造語。日本では、「仮想空間」と理解されているかと思うが、ネットワーク上のデジタル空間で実現される多種多様な理論、発想、技術のことをいう。

 そのメタバースの中で、新しい体験・経験を提供し、顧客に満足感を得られるような新しいビジネスが生み出されている。コロナ禍で、対面での面会、外出ができず、Zoomなどのオンラインミーティングをツールを使って会議をしたり、友人と会話をして同じ時間を共有すること、これも一種のメタバースと言えるだろう。このように、デジタル空間において、私たち人間の新しい行動、体験が広がっている。

 VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を使って楽しむゲームやアトラクションが身近になりつつあるが、このメタバースが今後、観光・旅行業界でも導入されていくと考える。

 ディズニーランドでは、テーマパーク施設内でメタバースを導入すると、方針を発表した。リアルの世界でも、デジタルの世界でも、ディズニーの世界観を堪能できるようにすると同社CEOは話している。

 また、マリオット・インターナショナルは2021年12月にデジタル・グッズ制作を発表。詳細は明らかにはされていないが、旅行をモチーフにしたデジタル・アート作品を制作するようだ。

 テーマパークや、ホテル、観光地、その場で体験することだけが「旅行体験」ではなく、自宅でネットワークにアクセスし、自分のアバターがテーマパーク内を散策したり、観光したり、ホテルを利用する世界がまさに始まろうとしている。

 ザ・キャピトルホテル東急では、「ぬい撮り」プランを展開している。自分(人間)が旅行・外出できない代わりに、大切にしているぬいぐるみや人形がホテルに宿泊するというプラン。ホテル隣接の日枝神社にお参りする観光ツアーもセットになっている。

 例えば、この「ぬい撮り」プランをデジタル空間の中で実現させる。ぬいぐるみではなく、自分のアバターがホテルに宿泊し、神社へお参りする体験を可能にするのがメタバースの旅行体験となるかもしれない。

 (コレリーアンドアトラクト代表取締役)  

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram