【直販を増やす】デジタルマーケティングトレンド33 コレリィアンドアトラクト代表取締役 松本慶大

  • 2021年2月22日

 Google(グーグル)は昨秋、世界各地の旅行需要を洞察する無料ツール「Travel Insights with Google」を立ち上げたhttps://travelinsights.withgoogle.com/

 これは、旅行需要動向の理解やさまざまな意思決定に役立ててもらう業界向けサイトで、三つのツールで構成されている。

 ◆Destination Insights

 「デスティネーション・インサイト」。旅行事業者、政府機関、観光局などに、デスティネーション(旅行、滞在の目的地)の需要動向を分かりやすく示し、旅行者が訪問したいと考えている国内デスティネーションの把握を手助けする。

 ◆Hotel Insights

 「ホテル・インサイト」はホテル事業者向けのツール。グーグル上で検索されている何百万軒ものホテルの情報をベースに、今後のリカバリー計画を考える際のマーケティング方法をサポートする。

 グーグルでは、幅広いネットワークを持たない小規模ホテルや独立系ホテルに特に有効となるとしている。

 ◆Travel Analytics Center

 旅行分野のグーグルパートナー向け「トラベル・アナリスティック・センター」。このツールでは、自社のグーグルアカウントデータとより幅広いグーグルの需要データや今後の見通しを組み合わせることが可能になる。Google Adsの代理店などが主に利用できるツールになっている。

    □    □

 ホテル・宿泊施設事業者には、二つ目の「ホテル・インサイト」の活用をお勧めする。マーケットを絞り込み、そのエリアの宿泊施設の検索動向を観察することができる。国別だけでなく、都道府県まで絞りこむことが可能。ホテル・宿泊施設の場所だけでなく、近隣の県の動向を見ることもできる。

 国内の旅行(宿泊施設)検索動向だけでなく、海外から該当エリアの検索動向を観察することができ、国別で検索トレンドを見ることも可能だ。それぞれのデータは直近12週間で、データによっては同期間前年比の比較データを確認することができる。

 コロナ禍において、新規感染者の数や、政府の動き、空港など水際対策、ワクチンなど医療関連の情報により、消費者の旅行動向が短期間で変化している。

 このTravel Insights with Googleを活用し、該当エリアの旅行検索動向を観察できる。先の事業戦略、マーケティング戦略に役立つサービスだと思う。

(コレリィアンドアトラクト代表取締役)  

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram