【皇室ゆかりの宿特集】深山荘 高見屋(山形県・蔵王温泉)

  • 2019年5月1日

風格漂うエントランス

創業享保元年の老舗宿

 山形県蔵王温泉の深山荘高見屋は、創業が享保元年(1716年)。300年以上の歴史を持つ東北屈指の老舗旅館だ。創業以来、こんこんと湧き出る名湯。それを求めて江戸の昔から多くの旅人が訪れ、心身ともに癒やされてきた。

 温泉街の中でも高台に位置し、見晴らしが良いことから、歴代の山形藩主の常宿とされてきた。そして同館を常宿とした皇室の方々も多い。昭和16年の三笠宮さまに始まり、同25年に高松宮さま、翌26年は天皇陛下が皇太子時代、3人のご学友とともに4日間、宿泊されている。

 今から1900年前、日本武尊の東征の際、従軍した吉備多賀由により発見されたという温泉は、強酸性の硫黄泉。美肌効果や血管を若返らせる効果があるという。この良質の温泉を「長寿の湯」「せせらぎの湯」などの九つの浴槽で、掛け流しでぜいたくに使っている。

 山の味覚を中心とした会席料理、1日4組限定の蔵王牛を使った同館名物「すきしゃぶ鍋」も味わいたい。

▽山形県山形市蔵王温泉54。TEL023(694)9333。http://www.zao.co.jp/takamiya/

風格漂うエントランス

タカミヤホテルグループ|山形県・創業約300年の旅館・ホテルグループ

 

※本特集記事は、観光経済新聞4月27日号(新天皇陛下の御即位前)に掲載したものです。


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram