【特集・トップ鼎談】宿泊施設関連協会 林理事長×全日本シティホテル連盟 清水会長×国際観光施設協会 鈴木会長

  • 2018年9月7日

宿泊業は地域性と文化を生かせ

 訪日外国人旅行客の増加、2020年東京五輪・パラリンピックに向けての機運の高まりなどで、需要が活発化している宿泊業界。一方で、人手不足解消のための生産性の向上、移り気な市場の嗜好変化への対応など、課題も山積している。宿泊関連3団体のトップに将来展望を聞いた。

宿泊施設関連協会(JARC)理事長 林 悦男氏

全日本シティホテル連盟(JCHA)会長 清水嗣能氏

国際観光施設協会(JTFA)会長 鈴木 裕氏

司会 観光経済新聞社 企画推進部長 江口英一

紙面PDFはこちら

 

関連する記事

富士急ハイランドの屋外テーマパーク「トーマスランド」に、新アトラクション「トーマスのたからさがし大冒険」が3月8日オープンする。 ​富士急行株式会社(山梨県富士吉田市)…

続きを読む

HOYAは、暗所視支援眼鏡を使った川崎工場夜景体験ツアーを実施する。 HOYA株式会社 では「工場夜景の日(2月23日)」に合わせ、川崎市とタイアップして、夜盲症の方々に…

続きを読む

エクスペディア・ジャパンは13日、「有給休暇取得義務化に関する意識調査」の結果を発表した。 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube