【特集】2,016年の宮崎県の観光入り込み客数

  • 2018年3月8日

「熊本地震」が影響 宿泊も大幅減に

 宮崎県観光推進課がこのほど公表した「平成28年観光入り込み客統計調査結果」によると、同年1年間(1~12月)の観光入り込み客数は1530万4千人で、前年比3・1%減少した。同年発生した「熊本地震」が影響したものと見られる。

 このうち県外客は639万8千人で6・7%減。県内客は890万6千人で0・4%減。

 宿泊客は14・2%減の300万8千人。特に県内客が25・0%減と大きく減少した。前年が「ふるさと旅行券」により大幅増で、その反動が要因にあげられる。

 日帰り客は県外客が6・0%減ったものの、県内客が3・7%増え、トータルで前年並みに。

 観光消費額は12・6%減の1331億600万円。

 宿泊先はホテルが最も多く、県内客の75・6%、県外客の88・0%を占める。


https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180303_08.pdf


関連キーワード

関連する記事

沖縄県は、スポーツツーリズム戦略推進事業でイベントを開催する。 “全国から約50チームが参加する冬のビーチサッカーの祭典”「ビーチサッカー沖縄カップ」“環境シンポジウムと…

続きを読む

来年4月に国際観光学科を新設する富山福祉短期大学は10月29日、「国際観光学科開講記念シンポジウムツーリズムで成功する地域創生そのための人材育成とは」を同短大内のホー…

続きを読む

「全国高校生伝統文化フェスティバル~伝統芸能選抜公演~」が12月15日に開催される。 文化庁・京都府・京都府高等学校文化連盟の共催による「高校伝フェス」が今年も開催! 「…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube