【特集】栃木県那須塩原市 DCを飛躍のチャンスに

  • 2018年3月6日

 4月から6月まで、栃木デスティネーションキャンペーン(DC)が実施される。実に19年ぶり。那須塩原市は市の観光魅力をアピールするチャンスと捉え「朝食」「スイーツ」「地酒」「鍋」の四つのコンテンツを前面に打ち出す。ここではコンテンツの内容、那須塩原市観光局長のインタビューや2月9日の総決起大会の様子を通して、DCとDC以降を見据えた取り組みを紹介する。

https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180303_06.pdf


関連キーワード

関連する記事

山形県あつみ温泉のたちばなや(佐藤佐次右衛門社長)は、創業369年という古い歴史のある温泉宿。代々「佐次右衛門」の名跡を受け継ぎ、地域の温泉文化を守り続けてきた。情緒あふ…

続きを読む

ノロウィルス・インフルエンザ対策に「Dr.ノバ3S」 ホテル旅館洗剤専門店スリーエス3S

続きを読む

管理、清掃の負担を軽減 TOTOは、パブリックに求められる機能、配慮を充実させた瞬間式ウォシュレット「アプリコットP」を販売している。 ウォシュレットの最上位モデル「ア…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube