【特集】東日本大震災から7年

  • 2018年3月9日

東北観光の本格的復興へ力強い一歩を踏み出そう

 東日本大震災からの記憶や教訓の伝承方法を考える第3回「全国被災地語り部シンポジウムin東北」が2月25日、宮城県南三陸町のホテル観洋で開かれた。震災から7年、風化を懸念する声や防潮堤などの復興工事が進みまち並みの景観が大きく変貌を遂げるなか、国内外から約400人が参加。震災の経験と教訓を国際的に普遍化する方策や後世に伝える伝承方法を語り合った。1部はパネルディスカッション、2部では三つの分科会で意見を交換した。

https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180303_04.pdf


関連キーワード

関連する記事

長野県阿智村は、「天空の楽園 Winter Night TourSeason2019」を開催する。 長野県阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長:熊谷秀樹(阿智…

続きを読む

中部国際空港は7日、「中部地域観光セミナーin仙台」を開催した。 中部国際空港セントレア(所在地:愛知県常滑市以下:セントレア)は2019年8月8日よりエアアジア・ジ…

続きを読む

明石観光協会は、「明石の鮨」クーポンを11月24日「和食の日」に発売にする。 一般社団法人明石観光協会は、豊かな海の幸に恵まれた兵庫県明石市内の11店舗で使える明石の鮨ク…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube