【特集】平昌冬季五輪が開幕

  • 2018年2月13日

 平昌冬季五輪が2月9日、韓国・江原道の平昌で開幕した。同日、平昌スタジアムで開会式が開催された。日本から123人(男子52人、女子71人)の選手が参加。閉会式が行われる25日まで15の競技種目が行われる。

 日本が冬季五輪で最も多くのメダルを獲得したのは、日本で開催された1998年の長野冬季五輪。金メダル五つ、銀メダル一つ、銅メダル四つの計10個のメダルを獲得している。

 今大会では、金メダルを含むメダルラッシュが予想されている。スピードスケートでは、女子500メートルと1千メートルの小平奈緒選手(31)、女子1500メートルの高木美帆選手(23)、女子チームパシュート、男子フィギュアスケートでは連覇を狙う羽生結弦選手(23)、ノルディック複合では渡部暁斗選手(29)、スノーボードハーフパイプでは平野歩夢選手(19)、女子スキージャンプでは高梨沙羅選手(23)らの金メダル獲得が期待される。

 交通面では、昨年12月に韓国・ソウルと平昌五輪の会場を結ぶ韓国高速鉄道(KTX)の路線の運行を開始。最高速度250キロで、ソウル市内から雪上競技会場の珍富(ジンブ)まで約1時間20分、氷上競技会場の江陵(カンヌン)まで約1時間50分で結ぶ。五輪期間中は1日51本運行し、合計2万910人の乗客を運ぶ。一部は仁川空港まで直通運転する。

 開催地の平昌には、世界各国から外国人観光客39万人、韓国人観光客200万人が来訪する予定。韓国では平昌五輪を起爆剤とした景気の上昇が期待されている。

https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180210_12.pdf


関連キーワード

関連する記事

ベビースターのテーマパーク「おやつタウン」の開業日が7月20日に決まった。 株式会社おやつタウン(所在地:三重県津市、代表取締役:松田 好旦)は、おやつカンパニー社が全国…

続きを読む

ジャストシステムは14日、「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査 2018年総集編【トレンド版】」の結果を発表した。 ~AI導入により、約7割が「労働生産性は上がる」~…

続きを読む

専門学校日本ホテルスクール(東京都中野区)は1、2月、国際ホテル学科ホテル科・英語専攻科2年生対象の卒業ゼミを行った。学生は架空のホテルを舞台にホテル経営を模擬的に実践。…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube