【焦点課題】JAF 事業推進本部長  池田義則 氏に聞く

  • 2020年7月29日

日本自動車連盟の地域振興事業

592自治体と観光協定締結 旅行へのマインド高める

 日本自動車連盟(JAF)の事業推進本部長に就任した池田義則氏に、JAFが行っている地域振興の取り組みなどを聞いた。

 ――事業紹介を。

 「6月末現在の在籍会員数は1967万人。各種サービスについては、JAFの基本理念(JAFは自動車ユーザーに対し、安全と安心の支えとなるサービスを提供するとともに、交通の安全と環境のための事業活動を積極的に推進し、健全なくるま社会の発展に貢献します)に基づき行っている」

 「まず、ロードサービスがある。バッテリー上がりやタイヤのパンクをはじめ、事故、お客さまのヒューマンエラーが要因となるさまざまなトラブルなどの要請を受け、昨年度は216万件出動した」

 「交通安全や環境保全の講習会など、社会性のある啓発活動にも取り組んでいる。昨年は全国で147万7千人に参加をいただいた」

 「JAFはわが国唯一のモータースポーツ統括団体であり、モータースポーツの振興活動にも取り組んでいる」

 「このほかに当部が担う会員向け各種サービスを行う『会員事業業務』に取り組んでいる。旅館・ホテルやレジャー施設、飲食店、生活に密着した店舗など、会員が優待サービスを受けられる『会員優待施設』が全国に4万6818施設ある。昨年度、延べ7500万人の利用があった。会員1人当たり年4回程度ご利用いただいている計算だ。サービス内容をさらに充実させ、今年度は延べ8200万人以上のご利用を目標に取り組んでいく」

 ――全国の自治体と観光協定を締結している。

 「6月末時点で592自治体と締結している。全国の市町村の約3分の1だ」

 「JAFは先程述べた基本理念を具現化するため、10の行動指針を掲げている。その一つが『社会への貢献』だ。具体的には、災害発生時の支援活動や、地域の活性化など。地域の活性化では、自動車ユーザーに対し、ドライブで地方に行き、地方の良さを実感していただくためのお手伝いをしている。具体的には、地域と連携したイベントを行ったり、自治体一押しのスポットを回るドライブコースを観光総合サイト『JAFナビ』で公開している。さらに、地域ならではの名産品をECサイト『e―JAF Shop』で紹介、販売している」

 ――事業の一つ、デジタルドライブスタンプラリーについて。

 「あらかじめ設定されたドライブコースを実際に巡り、コース上の複数のエリアでデジタルのスタンプを集めると地域の特産品などがプレゼントされる」

 「昨年は109のコースを設定し、2万7千人強に参加をいただいた。スタンプの押印数は5万を超え、地域の魅力を堪能していただいたと思っている」

 ――新型コロナで観光業界が打撃を受けている。

 「外出を控える状況の中で、デジタルドライブスタンプラリーを家の中でも楽しめる『家たびスタンプラリー』を公開した。全10コースを設定。ゴールデンウイーク中にスタートしたところ、2カ月で参加者数が1万4千人、スタンプの押下数が7万6千で、全てのスタンプをコンプリートした人が4千人を超えた」

 「旅行へのマインドを高めていただく取り組みだ。今後自由に移動できるようになり次第、リアルのスタンプラリーに参加したり、会員優待施設をより一層ご利用していただきたい」

 ――現在の部署に就任されての抱負は。

 「JAFは会員の皆さまや社会に支持されてこそ成り立つ団体。『会員であり続けたい』と思っていただけるJAFならではの価値提供を追求したい」

 ――宿泊施設や観光施設、自治体へメッセージを。

 「今回、少人数のグループなどで安全・自由に移動できるという車の有効性がクローズアップされたと思う」

 「新しい生活様式の中で、今何ができるか、今だからこそできることは何かを優待施設や自治体などと連携して取り組んでいきたい」

【聞き手・森田淳】

池田 義則氏(いけだ・よしのり)高知大卒。91年日本自動車連盟入社。本部会員部会員推進課長、関東本部会員部長、東京支部事務所長などを経て20年4月から現職。53歳。広島県出身。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram