【本だな】DMOのプレイス・ブランディング 観光デスティネーションのつくり方

  • 2020年7月2日

 マーケティングやプロモーションなどを行い、観光客に「選ばれる」ことが短期的には重要だが、ブランディングにより観光客に「選ばれ続ける」という中長期的視座も忘れてはならない。 

 観光地全体の価値を高めるには、集客だけを目的とする従来の「デスティネーション・ブランディング」だけでは事足りない。「文化」「芸術」「伝統」への共感、「住民」の魅力の創出、「環境」への配慮、「社会」への貢献、さらには「輸出」「対日投資」「留学生誘致」への寄与といったさまざまな観点から「プレイス」(国、地域、都市)のブランドを構築していく「プレイス・ブランディング」の視点が不可欠だと本書。

 ブランドの基礎知識を整理した上で、DMOで実際にプレイス・ブランディングを適用するために必要な10の手法を説明。イギリス、ニュージーランド、岐阜県、京都市など国内外のDMOでの先進的な取り組みも具体的に紹介している。

 執筆者は、ブランドやサービス・マーケティングを専門とする大学教員、ブランドコンサルティング会社のコンサルタント、DMOの実務経験者と有識者。

 発行は学芸出版社。定価は本体2500円(税別)。


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram