【本だな】電車たちの「第二の人生」 梅原淳著

  • 2018年11月10日

 もうとっくに引退していたと思っていたら、富士急行や長野電鉄、富山地方鉄道、一畑電車ほか全国各地で、小田急、東急、西武などのあの懐かしい電車たちが「第二の人生」を送っている。

 梅原氏は、三井銀行(現在の三井住友銀行)、月刊「鉄道ファン」編集部などを経て、2000年に鉄道ジャーナリストとして独立。「JRは生き残れるのか」「日本の鉄道の歴史全3巻」をはじめ、多数の著書がある。講義、講演やテレビなどへのコメント活動も行う。

 本書は、元大手民鉄で走っていた電車はどうやって譲渡されているのかや、人気の車両の行方、維持のための苦労など、電車の再就職先となった地方の民鉄と、健気に走り続ける名車たちの今を紹介する。

 価格は800円(税別)。198ページ。問い合わせ先は交通新聞社TEL03(6831)6622。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram