【本だな】長崎の世界遺産めぐり「オトナ周楽旅行」ハンドブック

  • 2019年1月30日

長崎県及び(一社)長崎県観光連盟は、平成31年1月26日(土)から、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の観光ハンドブック『長崎の世界遺産めぐり「オトナ周楽旅行」ハンドブック』の販売を、全国の書店や長崎県内のコンビニエンスストアなどにおいて開始しました。
平成30年7月に長崎県としては2件目の世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、離島を含め点在している長崎県及び熊本県天草市の12の構成資産から成っており、多くの場合長崎への一度の旅行だけでは全ての構成資産を巡ることは困難です。また、今回の世界遺産の価値は禁教によるキリシタン潜伏のきっかけから潜伏の終わりを迎えるまでの独自の文化的・宗教的伝統であるため、長崎へお越しの際にはぜひ全構成資産を巡っていただきたいと考えています。

このことから、今回販売を開始する観光ハンドブック『長崎の世界遺産めぐり「オトナ周楽旅行」ハンドブック』は、各構成資産のスムーズな周遊と本県への再訪の意欲喚起を目的に、構成資産や関連資産の歴史をはじめ、周辺のグルメ情報や観光スポットの紹介、各構成資産をめぐるスタンプラリー機能を1冊にまとめています。 

『観光ハンドブック 長崎の世界遺産めぐり』 概要
仕  様:B6判 オールカラー100ページ 10,000部制作
価  格:800円(税抜)
発 売 日 :2019年1月26日(土)
販売箇所: 【東京】銀座蔦屋、代官山蔦屋、中目黒蔦屋、長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」
【大阪】梅田蔦屋、枚方蔦屋 【九州】各書店
長崎県内のコンビニエンスストア(※販売開始から1ヶ月間)
インターネット販売サイト「Amazon(アマゾン)」
特  徴:
◆「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の歴史解説
◆全12構成資産のポイントをピックアップ
◆構成資産ごとに周辺のおすすめグルメスポット紹介
◆構成資産ごとに周辺マップを掲載、おすすめの観光スポット紹介
※スマートフォンでマップ内QRコードを読み取るとグーグルマップを表示する便利な機能付き
◆自由に使えるメモ欄を設け、旅の思い出としてイラストや写真の貼付など、自分だけの旅の記録を手帖として
残すことができる
◆構成資産をめぐるスタンプラリーで集めたスタンプ数に応じた素敵なプレゼントを用意


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram