【本だな】観光で稼ぐ!みんなが主役!「観光地域づくり」の教科書 日本版DMOによる成功するマネジメント 清水慎一監修

  • 2017年7月7日

 地方創生の政策が進められる中で、日本版DMOという言葉が盛んに語られている。DMOは欧米で誕生した概念だが、日本でもこのような機能を持った観光地域づくり推進組織が必要であると考えられるようになった。

 清水氏は大正大学地域構想研究所(東京都豊島区)の教授で、日本版DMO(観光地域づくりプラットフォーム)推進研究会顧問などを務める。全国13観光圏協議会など各地域へのアドバイスをしている体験をもとに執筆し、本書はまさにDMOの教科書といえる。

 本書は、「日本版DMOによる観光地域づくり」の解説をはじめ、DMOの基礎知識や日本版DMOの概要を最新実例を交えて分かりやすく説明する。

 また、地域で活躍しているキーマンにインタビューを行い、生の現場の声も伝え、内容を充実させている。

 価格は2300円(税別)。120ページ。製作を行ったティー・マップのホームページで販売している。書籍販売についての問い合わせ先は同社TEL03(5907)3971。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram