【本だな】瀬戸内国際芸術祭と地域創生 現代アートと交流がひらく未来 狹間惠三子 著


 瀬戸内国際芸術祭は、毎回100万人前後が離島などの会場に来場し、100億円規模の経済波及効果をあげる。だが、それだけではない。アートの力で地域の魅力と資源を再発見し、それを磨く活動を通して多くの人が集まる。

 地域に住む人たちが揺り動かされたときに、小商いや移住、定住の増加など、地域の変化が起きている。

 その企画、運営、とりわけ行政と民間・住民の関わり方から成功の秘訣を読み解く。日本を代表する地域型芸術祭である瀬戸内国際芸術祭から得られる知見を整理し、他の地域や芸術祭にとって有意義な示唆を導き出していく。

 四六判256ページ。定価は2400円(税別)。

 発行は学芸出版社。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒