【本だな】最新版「美術展ぴあ2023」 

  • 2023年1月3日

 ぴあは、毎年好評いただいている美術展ガイドMOOK『美術展ぴあ』の最新2023年版を、2022年12月21日(水)に発売した。2023年絶対に観たい美術展101展を一挙紹介する内容。

ぴあMOOK「美術展ぴあ2023」ぴあMOOK「美術展ぴあ2023」

 最新版『美術展ぴあ2023』では2023年おすすめの美術展101展を徹底ガイド! 1年の美術展めぐりの予定をたてるのにぴったりの1冊です。

特集1「2023年 大注目の美術展BEST11」では、『愛』がテーマの「ルーヴル美術館展 愛を描く」、ウィーン世紀末の夭折の天才「エゴン・シーレ展」、生誕850年の浄土真宗の開祖「親鸞―生涯と名宝」など、話題の美術展の見どころをわかりやすくご紹介。

特集2「アートファンが好きな個性派美術館」では丸の内のレトロビルに移転した静嘉堂文庫美術館(東京)や、漆黒の「蔵」の展示室が素敵な藤田美術館(大阪)など、アート+αが楽しめる全国の美術館へご案内します。

「2023年おすすめ美術展ガイド」では、西洋美術・日本美術・現代アートの美術展を徹底ガイド。掲載美術展を一覧できる「美術展INDEXカレンダー」は今年は巻頭片観音でさらに見やすくなりました! さらにセンター両観音の「美術館スケジュール」は全国47の主要美術館の年間スケジュールをどーんと掲載!

さあ、今年もアートを楽しみましょう!

ーCONTENTSー
○美術展INDEXカレンダー 2023-2024
○全国47館 美術館スケジュール2023-2024

○永遠のテーマで巡る西洋絵画の350年 ルーヴルより愛を込めて
○テート美術館コレクションでたどる「光」をめぐる美しき世界
○20世紀美術を変革した美術表現「キュビスム」―その革命的な運動
○うつろいゆく情景を描き留めようとした モネが愛した「連作」の風景
○静物画からひもとくゴッホの人生 ゴッホはいかにしてゴッホになったのか?
○人間と世界の内面を鋭くえぐる表現者 鮮烈なる天才 エゴン・シーレ
○フォーヴから切り紙絵まで “色彩の魔術師”アンリ・マティスの足跡
○生誕850年、伝道に生きた親鸞の生涯 親鸞聖人と浄土真宗の教えとは
○紅葉の名所は知られざる名宝の宝庫だった! 東福寺の素晴らしき禅宗美術
○同士にしてライバル 芳幾vs芳年 国芳の遺志を継ぐ者たち
○町人文化から花開いた、自由で多彩な表現 百花繚乱! 大阪の日本画
○何度でも行きたい! アートファンが好きな個性派美術館
○2023年おすすめ美術展ガイド 西洋美術/日本美術・東洋美術/現代アート
○展覧会ご招待券プレゼント

【出版概要】
タイトル:『美術展ぴあ2023』
発行・発売:ぴあ株式会社
発売:2022年12月21日(水)
定価:1080円(本体982円+税)
全国の書店およびネット書店にて発売中!

【ネット書店】
Amazon
  https://www.amazon.co.jp/dp/4835644255/
楽天ブックス  https://books.rakuten.co.jp/rb/17366769/
セブンネットショッピング  https://7net.omni7.jp/detail/1107359406

 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram