【本だな】日本発酵紀行

  • 2019年5月18日

D&DEPARTMENT PROJECT(商号:ディアンドデパートメント株式会社/東京都世田谷区、代表・ナガオカケンメイ)は、渋谷ヒカリエ8階・d47 MUSEUMにて開催中の展覧会「Fermentation Tourism Nippon ~発酵から再発見する日本の旅~」の公式書籍であり、同展覧会のキュレーターを務める発酵デザイナー・小倉ヒラク氏の新著となる『日本発酵紀行』を、2019年5月24日(金)より一般発売いたします。

  • 47都道府県の山、海、島、街を巡って、日本の歴史と未来を見出した前代未聞の「発酵文化論」

渋谷ヒカリエ8階・47都道府県をテーマにしたミュージアム「d47 MUSEUM」にて7月8日(月)まで開催中の展覧会、「Fermentation Tourism Nippon ~発酵から再発見する日本の旅~」の公式書籍となる本書『日本発酵紀行』。同展覧会のキュレーターで発酵デザイナーの小倉ヒラク氏が、北は北海道東の標津から、南は沖縄まで全国の様々な土地を訪ねて出会った知られざる文化や風土、その土地で生きる人々の暮らしを記録した旅行記です。醤油や味噌、日本酒はもちろん、既存のカテゴリーには当てはまらないような摩訶不思議なものまで、ローカル発酵食品をさらに深く紐解きながら、小倉ヒラク氏の“全国発酵取材旅”を疾走感あるテキストで追体験できる一冊です。

■『日本発酵紀行』は5月24日(金)よりAmazonほか全国の書店にて一般発売、展覧会会場と一部書店では先行販売中

『日本発酵紀行』カバー『日本発酵紀行』カバー

『日本発酵紀行』概要
著者:小倉ヒラク(発酵デザイナー)
発行:D&DEPARTMENT PROJECT
サイズ:148mm × 195mm/224ページ
定価:本体1,800円(税込1,944円)
一般発売日:2019年5月24日(金)

【構成目次】
はじめに
1章:味覚の記憶 東海の旅
2章:現代空間のエアポケット 近畿の旅
3章:魚と酢の通り道 瀬戸内の旅
4章:微生物の誘う声 離島へ
5章:旅の身体感覚 北へ
6章:ご当地スタンダードの発酵おやつ 関東の旅
7章:発酵から見た経済史 日本の近代化を見直す旅
8章:辺境を生きる知恵 九州の旅
9章:記憶の方舟
おわりにかえて

書籍に掲載されている写真(一部抜粋)

三重県のたまり醤油三重県のたまり醤油

鳥取県・柿の葉ずし鳥取県・柿の葉ずし

福島県・三五八漬けの麹室福島県・三五八漬けの麹室

愛知県・八丁味噌の石積み愛知県・八丁味噌の石積み

 

 

 

 

 

※5月24日(金)の一般発売に先立って、現在開催中の展覧会『Fermentation Tourism Nippon〜発酵から再発見する日本の旅〜』の会場併設ショップおよびD&DEPARTMENT国内9店舗、下記店舗にて販売を開始しております。

東京周辺:青山ブックセンター本店/かもめブックス/Readin’ Writin’ BOOKSTORE/中目黒 蔦屋書店/銀座 蔦屋書店/BOOK LAB TOKYO/H.A.Bookstore/リトルトーキョー/本屋B&B/代官山 蔦屋書店/RECOBOOK/ALL YOURS/金春湯/ことばのにわ/今野書店/もくもく堂鍼灸院/湘南 蔦屋書店
北海道:相沢食料百貨店、秋田:旬菜みそ茶屋くらを、福島:Go Go Round This World!Books&Cafe、茨城:マルヒ、新潟:ツバメコーヒー、栃木:上澤梅太郎商店、群馬:REBEL BOOKS、山梨:春光堂書店/五味醤油、長野:問tou、岐阜:山本屋、愛知:ON READING/一期家一笑、大阪:LVDB BOOKS/blackbird books/テマヒマ/「本」のお店 スタントン、京都:恵文社一乗寺店/ミシマ社の本屋さん/ホホホ座、兵庫:1003(センサン)、香川:本屋ルヌガンガ、岡山:HAHU 本と手しごと。/スロウな本屋、島根:群言堂、福岡:水瓶酵母室、宮崎:蔦屋書店 延岡エンクロス店、鹿児島:Souvenior Shop Shiroyama 逸品館、沖縄:カフェユニゾン

■発酵デザイナー・小倉ヒラク

1983年生まれ。「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通じて見えるようにする」ことを目指し、全国の醸造家や研究者たちと発酵・微生物をテーマにしたプロジェクトを展開。東京農業大学で研究生として発酵学を学んだ後、山梨の山の上に発酵ラボをつくり日々菌を育てながら微生物の世界を探求している。アニメ『てまえみそのうた』でグッドデザイン賞2014を受賞。著書に『発酵文化人類学』(木楽舎)。YBSラジオ『発酵兄妹のCOZY TALK』パーソナリティ。http://hirakuogura.com

  • 校了を前に刷部数アップ、さらには発売を前に重版も決定する快挙!前著に続くヒットの予感

本書『日本発酵紀行』は小倉ヒラク氏のブログ上で先行予約を開始したところ、想定以上の注文殺到に、校了を前に急遽部数アップが決定、さらには全国発売を前にして既に重版決定!という異例の展開を迎えています。現先行販売中の展覧会会場や書店では、既に在庫薄の状態も散見されています。6刷とロングセラーとなっている同氏の前著『発酵文化人類学』に続くヒットの予感、そしてさらなる発酵ムーブメントの予感が高まります。

  • 全国の書店では出版を記念し小倉ヒラク氏のトークイベントを開催

全国の書店にて『日本発酵紀行』出版トークイベントを開催します。今回の書籍を巡る”全国発酵取材旅”での、驚きのエピソードの数々が語られます。(イベント詳細・お申し込み方法は各リンク先をご参照ください。イベントの取材も可能です。)

■5月16日(木)19:30- 中目黒蔦屋書店
「発酵する旅 川内有緒×小倉ヒラク対談トーク」
出演:川内有緒(ノンフィクション作家)、小倉ヒラク
詳細URL:https://store.tsite.jp/nakameguro/event/travel/6584-1954140501.html

■5月20日(月)19:30- BOOK LAB TOKYO
「小倉ヒラク × 山下優『日本発酵紀行』出版イベント」
出演:山下優(青山ブックセンター店長)、小倉ヒラク
詳細URL:https://hiraku-corklab-booklabtokyo.peatix.com/?lang=ja

■5月23日(木)19:00- 田原町 Readin’ Writin’ BOOKSTORE
「小倉ヒラク『日本発酵紀行』刊行記念トークイベント」
出演:小倉ヒラク
詳細URL:http://readinwritin.net/2019/04/27/小倉ヒラク「日本発酵紀行」刊行記念トークイベ/

■6月5日(水)19:00 –  梅田 蔦屋書店
「蔦屋発酵計画 〜書店を発酵させるには?」
出演:小倉ヒラク×藤本智士
詳細URL:https://store.tsite.jp/umeda/event/business/6761-1509020511.html

■6月8日(日)16:00 – 湘南 蔦屋書店
「発酵トーク&手づくり塩こうじワークショップ」
出演:小倉ヒラク
詳細URL:近日オープン

■7月19日(金)夜 恵文社一乗寺店
「小倉ヒラク『日本発酵紀行』刊行記念トークイベント」
出演:小倉ヒラク
詳細URL:近日オープン

上記ほか、今年9月まで、北海道、千葉、山梨、愛知、香川、岡山、福岡、宮崎、沖縄にて、イベント開催予定。

  • 47都道府県のローカル発酵食品展覧会『Fermentation Tourism Nippon ~発酵から再発見する日本の旅~ supported by カルピス』は7月8日(月)まで。現在好評開催中!

現在好評開催中の展覧会では、キュレーターである小倉ヒラク氏が47都道府県から収集したローカル発酵食品を展示するほか、発酵食品を仕込む道具や、取材で撮りためた写真、「そもそも発酵って何?微生物から見る世界って?」といった解説も展示。既に多数のメディアに紹介され、多くの方々にご来場いただいております。
会場では一部を除く出展品はもちろん、日本全国から集まった美味しい、珍しい発酵食品や、展示には収まり切らない“取材旅”の記録が詰まった公式書籍が購入できる他、併設のd47食堂には出展品を使った特別メニューが登場。さらに、出展者を招いての角打ちやトークイベントなど、関連企画も多数開催!見て、聞いて、食べて、バラエティ豊かな日本の発酵文化を体験することができます。

展覧会『Fermentation Tourism Nippon ~発酵から再発見する日本の旅~ supported by カルピス』概要

会期:2019/4/26(金)~7/8(月)※会期中無休
会場:d47 MUSEUM (ディ ヨンナナ ミュージアム)
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階/TEL 03-6427-2301
開館時間:11:00~20:00 入場は閉館30分前まで・入場無料
(館内イベント開催時は開館時間が変更になる場合があります。詳細はwebでご確認ください。)
主催 D&DEPARTMENT PROJECT
協賛 「カルピス」(アサヒ飲料株式会社)、株式会社環境ダイゼン、株式会社ビオック・株式会社糀屋三左衛門
協力 ALL YOURS
詳細は https://static.d-department.com/jp/fermentation-tourism-nippon にて随時更新します。

=======
●D&DEPARTMENT PROJECT(商号:ディアンドデパートメント株式会社)
本社:東京都世田谷区奥沢8丁目3番2号
代表:ナガオカケンメイ
設立:1997年5月26日
https://www.d-department.com
D&DEPARTMENT PROJECT(ディアンドデパートメントプロジェクト)は、2000年にデザイナーのナガオカケンメイが創設した「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体。現在は国内外に11店舗を展開。47都道府県に1カ所ずつ拠点をつくりながら、全国的な規模で“息の長いその土地らしいデザイン”の発掘、紹介をしています。
2009年、デザイン目線のトラベルガイドブック「d design travel」を創刊。2012年、渋谷ヒカリエ8階に47都道府県の魅力を展示する日本初のデザイン物産美術館「d47 MUSEUM」をオープン。併設する「d47 design travel store」「d47食堂」と連動し、立体的に日本を伝える新しいスタイルを創造。物販、飲食、出版、観光を通して、47の日本の“らしさ”を見つめ直す活動を展開している。


関連キーワード

関連する記事

温泉道場(埼玉県ときがわ町)が運営する昭和レトロな温泉銭湯玉川温泉(同町)は、同温泉の食堂で提供している人気メニュー「柚子(ゆず)カレー」をレトルトパックにして商品化する…

続きを読む

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年7月2日(火)に、『野口真紀の わたしの好きなトマト料理』を刊行いたします。 「好きな野菜」ランキングで常に上位に入るトマ…

続きを読む

ホテルや旅館などの宿泊施設を中心に、広報PRのコンサルティングを実施しているワンダーセンコンサルティング(東京都豊島区、菊池圭祐社長)は6日から、「宿泊施設向けPR顧問サ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube