【本だな】日本の観光特産

  • 2021年12月2日

 日本観光文化協会は「日本の観光特産」を12月20日に発売する。

一般社団法人日本観光文化協会(東京都北区赤羽1-59-8:会長 小塩稲之)は、12月20日(月)MMPコミュニケーションより新刊「日本の観光特産」を発売します。

▼商品概要
著者:小塩稲之/槙一彦/北賢治
ISBN 978-4-9905984-7-1
A5版/220頁/本体価格2,000円(税別)
出版社:MMPコミュニケーション

小塩 稲之:(一社)日本観光文化協会会長、(一社)日本販路コーディネータ協会理事長、日本商品開発士会会長、高等学校理事、商工会シニアアドバイザーなど、地方公共団体の商品開発プロデューサーなどを歴任。「基礎から学ぶ観光プランニング」「観光コーディネート学」「コトづくり・モノづくり・場おこし学」「観光で見る名産 名物料理「楽しみながら学ぶ旅」「全国観光特産ガイドブック」など、著書多数。
槙 一彦:株式会社アラベラサービス代表、(一社)日本観光文化協会 観光コーディネーター、観光コーディネーター認定講師、NPO法人世界遺産アカデミー 賛助会員、世界遺産検定マイスター、世界遺産アカデミー認定講師、大学非常勤講師、世界遺産アカデミー季刊誌「WHA MR(メンバーズレポート)」「新・マイスター見聞録」などへの論述、著書等。
北 賢治: (一社)日本観光文化協会理事長、(一社)日本販路コーディネータ協会常務理事、経済産業省認可販路コーディネータ・セールスレップ協同組合事業開発委員、IT・流通系商材の販路コーディネータ

~はじめに~
日本の各地には、それぞれ人が住み始めたころからの歴史があり、たとえば数百年継承してきた技術などは、それを有効とさせてきた地域の人々の知恵と努力が凝縮されてできたものが多くあります。それは単なるアイデア倒れにならずに「コトづくり」と「場おこし」、さらに「モノづくり」にこだわることができたからだと考えています。各地の歴史の中で育まれた地域資源を見逃さないこと、地域の観光と特産、歴史と文化などの重要性に着目することが必要な視点です。地域産品では、特にその地域により育まれた商品、サービスはその歴史、文化(特に食と工芸)を理解しなければなりません。それは『生活文化』の理解ということです。それは、歴史からプロットされたものかどうかをまずは見極めることです。わたしたちは各地の歴史の中で育まれた地域資源をより広く浸透、普及させることが重要であると考えています。


関連キーワード
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram