【本だな】日本から発信する新感覚の魚介の皿「魚介ガストロノミー」

  • 2022年12月8日

 「日本ならではのガストロノミー」を表現する上で、魚介は最強のコンテンツ。四季折々の豊富な食材、鮮度や品質にこだわり、さらにおいしさを求めて発達した流通や調理の技術。和食ならずとも、このプライオリティを生かさない手はない。

 今、最も勢いにのった魚介の特異なシェフを取り上げた。型通りの魚料理にとらわれない魚介の選び方、テクニック、料理構成とともに、素材を生かす考え方のさまざまな形を紹介する。

 登場するシェフは、井上稔浩(ペシコ)、吉武広樹(レストラン ソラ)、井上和洋(レストラン ウオゼン)、相原薫(サンプリシテ)、本多誠一(スリオラ)の5氏。

 A4変型判・並製、248ページ。定価は3800円(税別)。発行=柴田書店。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram