【本だな】旅の民俗シリーズ 第2巻 寿ぐ(ことほぐ) 旅の文化研究所著 

  • 2018年5月26日

 放浪、探検、冒険など旅人は私たちの心に何を刻むのか。人形三番叟、鉢叩き、歌舞伎の旅興業、備中神楽、オナゴ相撲、ボサマなど旅で生きる人たちがいる。

 旅の文化研究所は、1993年に設立。近鉄グループホールディングス東京支社が運営する文化事業で、旅の文化をさまざまな観点から調査、研究し、その質的向上を図ることを目的に活動する。大学院への研究助成なども行っている。

 本書は、さまざまな分野で活躍する研究者による、新しい旅行史の体系化を目指すシリーズの第2弾。旅と芸能や木偶まわしの旅、聖の旅、七代目市川團十郎の旅、神楽と旅回り、津軽三味線の旅など、記録に残しておかなければならない「旅で寿ぐ人びと」を紹介する。

 価格は2300円(税別)。251ページ。問い合わせ先は現代書館TEL03(3221)1321まで。


関連キーワード
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら