【本だな】新版THE COFFEE BOOK

  • 2021年12月3日

 誠文堂新光社は「新版THE COFFEE BOOK」を12月14日に発売する。

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年12月14日(火)に、『新版THE COFFEE BOOK』を発売いたします。

コーヒーをめぐる状況はこの2−3年で様変わりしました。高品質なスペシャルティコーヒーは日本国内でもすっかり定着「焙煎」が売りの小規模な専門店も増えています。

カフェではなく「豆専門店」「ロースタリー(焙煎所)」が街のあちこちに開業し、お店が焙煎したコーヒー豆を量り売りする光景も特別なものではなくなりました。

そしてこのコロナ禍、在宅時間が増え「おうちコーヒー」を本格的に楽しむ人が急増。専門店で豆を買い、なんなら自分で挽いて淹れ、その手間まで丸ごと味わうことに喜びを見つけた、という人も少なくないでしょう。

おうちコーヒーの盛り上がりは世界的な現象で、ヨーロッパでも豆にこだわる人、淹れ方を研究する人が急増しました。とりわけ40歳以下のミレニアル世代はコーヒー熱が高く、より幅広い知識や新しい味わいを求めているようです。

このような情勢を受けて、世界的な図鑑メーカーである英国のDK社は、2014年に刊行した『COFFEE BOOK』の情報を更新し、デザインも一新した新版を制作。2021年6月に刊行し、評判になりました。その日本語版が本書です。

著者 アネット・モルドヴァ氏はロンドンの著名な焙煎会社の創業者ですが、日本語版では特別に丸山珈琲の丸山 健太郎氏を監修に迎えました。年間120日も世界の産地を飛び回るコーヒー豆買い付けのレジェンドとして知られ、日本のスペシャルティコーヒー界を牽引してきたパイオニアです。

本書は全体が5つの章に分かれています。歴史や基礎知識から始まり、扱い方と淹れ方、世界中の産地の紹介、多様な抽出器具、さまざまなアレンジレシピまで、コーヒー好きが欲しい情報が幅広く網羅されています。どのページもイラストや写真が豊富。ラテアートの手順なども写真で丁寧に紹介されており、自宅でバリスタ気分に挑戦するのも面白そうです。

本書の中で監修の丸山氏も絶賛していたのが「世界各地のコーヒー」の章。48の生産国それぞれの事情や個性が地図とともに掲載されており、読み応えたっぷり。「ナッツのような味わい」「タバコを思わせるフレーバー」「ほのかな土の香り」「爽やかな酸味」などなど、各地の豆の特徴を読んでいくと、コーヒーが持つ風味の、その多彩さに驚かされます。

愛好家がまずチェックするのが生産国ですが、本書があれば、その国のページを読みながらその国のコーヒーを味わう、なんて乙な趣向も楽しめますね。なお、この章には世界の生産量に占める割合や栽培品種、地域が抱える課題などの項目がありますが、どれも2020年から2021年の最新情報に更新されています。

レシピの章では、カプチーノやカフェラテのような定番ものから、アルコールの入ったカクテル系、ベトナム、香港、メキシコなどのご当地系まで70種類ものレシピが紹介されています。新しい味わいを探している人には必見。一生分楽しめるほどのバリエーションです。

ハードカバー224ページ。しっとりした雰囲気の「Theコーヒー図鑑」という佇まいです。

コーヒー愛好家へのプレゼントにもおすすめ。飾っておきたくなる洒落たカバーなので、カフェやコーヒー専門店のディスプレイとしても使えますよ。

【目次】
イントロダクション
8   カフェ文化
10 コーヒーが歩んできた歴史
12 コーヒーの種と品種
14 コーヒーの系図
16 生育と収穫
20 生産処理
24 カッピング
26 味わいの違いを楽しむ

コーヒーの扱い方と淹れ方
30 品質の指標となる情報
32 選び方と保存方法
36 自家焙煎に挑戦
38 コーヒーミル
42 コーヒーQ&A
44   水質チェック
46 エスプレッソを淹れる
52 ミルクも大切
58 ラテアート
62 デカフェ(カフェインレスコーヒー)

世界各地のコーヒーたち
66 アフリカ
86 インドネシア、アジア、オセアニア
110   中南米
132   カリブ海および北米

抽出器具
144   エスプレッソマシン
146 フレンチプレス
147 ペーパードリップ
148 ネルドリップ
149 エアロプレス
150 サイフォン
151 マキネッタ
152 水出しコーヒー
153 コーヒーメーカー
154 カフェ・フィン
155 イブリック
156 ナポリタン
157 カールスバーダー

レシピ
160   定番レシピ
180 ブラックコーヒー(ホット)
189 ホワイトコーヒー(ホット)
198 ブラックコーヒー(アイス)
202 ホワイトコーヒー(アイス)
207 ミキサードリンク(アイス)
212 コーヒーカクテル(ホット)
214 コーヒーカクテル(アイス)

用語集 索引

【著者、監修者プロフィール】
アネット・モルドヴァ(あねっと・もるどゔぁ)
数々の賞を受賞しているイギリスはロンドンの焙煎会社、Square Mile Coffee Roastersの共同創業者であり、オーナー。Square Mileは、コーヒー豆の調達、購買、輸入、焙煎を行い、個人や法人向けに販売している。

丸山 健太郎(まるやま・けんたろう)
1968年埼玉県生まれ、神奈川県育ち。株式会社丸山珈琲代表取締役。日本スペシャルティコーヒー協会元会長、COE(カップ・オブ・エクセレンス)国際審査員、ACE(Alliance for Coffee Excellence Inc.)名誉理事。1991年に軽井沢にて丸山珈琲創業。2001年からは、バイヤーとして生産地訪問を開始し、現在でも、年間150日は産地を訪れる。また、数々のコーヒー豆品評会・審査会における、国際的カッパーとしても活躍。「世界で最も多くの審査会に出席するカッパー」と呼ばれている。

【書籍概要】
書 名:新版 THE COFFEE BOOK
著 者:アネット・モルドヴァ
監 修:丸山 健太郎
仕 様:A4変判、224頁
定 価:3,080円(税込)
発売日:2021年12月14日(火)
ISBN:978-4-416-62075-5


関連キーワード
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram