【本だな】地球の歩き方、無料公式ガイドブック 「桐生」「足利」を発刊

  • 2018年3月13日

 地球の歩き方は、無料公式ガイドブック 「桐生」「足利」を発刊した。

群馬県桐生市と栃木県足利市の両市の日本遺産を活用したヘリテージツーリズムを促進の一環として、「桐生&足利ヘリテージツーリズム促進協議会(会長:鏑木恵介(桐生市産業経済部長)」協力の元、国内旅行者向けに地球の歩き方『桐生』、『足利』を制作しました。本誌は、首都圏の丸善ジュンク堂書店店舗でのレジ無料配布、電子書籍Amazon kindleで無料配信すると共に、両市の観光プロモーションに使用される予定です。

群馬県桐生市と栃木県足利市、県境を挟んで隣り合うふたつの市は、ともに朝廷への献上品である絹織物産地として、近世後半から近代にかけて市の基盤を築いてきました。
桐生市は西の西陣、東の桐生と呼ばれるように「織都(しょくと)」を標榜。
足利市には足利学校、鑁阿寺やあしかがフラワーパークなど歴史と文化と花の街のイメージが強い。
本誌では、両市に現存する日本遺産や古い街並みなど見どころを掲載しています。
また、桐生、足利両市のグルメ情報も掲載。桐生市は、発祥として知られる「ひもかわ」を始め、「ソースカツ丼」、「ポテト入り焼きそば」、「花ぱん」など、足利市は、「日本そば」や「足利シュウマイ」のほか、お土産にぴったりのワインや最中、ようかんなどを紹介しています。季節ごとのイベントガイドも付き、桐生・足利の魅力をたっぷりと紹介しています!
コンテンツ
●1泊2日で大満足!
足利~桐生 おすすめモデルコース
●桐生お楽しみスポット
日本遺産、イベント、グルメ
物産、体験スポット
●足利お楽しみスポット
花の名所、歴史・文化
パワースポット、グルメ
●桐生・足利イベントガイド
など……
●配布書店(無料)
丸善書店/お茶の水店、メトロ・エム後楽園店、有明ワンザ店、多摩センター店、ラゾーナ川崎店、津田沼店、舞浜イクスピアリ店、水戸京成店、水戸京成店
ジュンク堂書店/大宮高島屋店、プレスセンター店、吉祥寺店、立川高島屋店、大泉学園店、藤沢店、南船橋店、柏モディ店
MARUZEN&ジュンク堂書店/渋谷店

 


関連キーワード

関連する記事

日東電化工業(群馬県高崎市)は、スキンケア製品「nesno(ネスノ)」を販売している。 金属表面処理加工を主業として1959年に設立された同社。金属表面処理加工は金属イ…

続きを読む

無料クラウド型サイトコントローラーの「ねっぱん!」は、タップの「accommod」との連動を開始した。 株式会社クリップス(新潟県新潟市、代表取締役阿部 広則)が提供…

続きを読む

国連世界観光機関(UNWTO)によると、2016年の国際観光客数は12億3500万人と増大。17年の訪日外国人数も2869万人と過去最高となった。30年には世界の国際観光…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会