【本だな】信長 聖地巡礼手帖

  • 2020年4月12日

 世界文化社(東京都千代田区九段北/代表取締役社長:鈴木美奈子)は、書籍『信長 聖地巡礼手帖』を3月24日に発売した。

10万人が投票した戦国武将総選挙では他を寄せつけない圧倒的な票数を獲得し、現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」でも主人公・明智光秀との関わりが注目されている織田信長。本書は、そんな歴史好きにダントツ人気の戦国武将・織田信長ゆかりの地を訪ねるためのスペシャル・ガイドブックです。

戦国時代の史跡は、主に城跡や古戦場、そしてそれにまつわるお寺や神社です。しかし本書で紹介している史跡はそういった観光地らしいところばかりではありません。土塁や堀や石垣しか残っていない山城や、住宅街に碑が一つ立てられているだけの古戦場など、一般の観光なら素通りしてしまいそうな場所も史跡として楽しめるエピソードを多数盛り込みました。

  • ファンなら知っておきたい、信長にまつわる史跡を網羅したガイドブック

 

戦国時代に颯爽と現れ、事実上戦国時代を終わらせた革命児・織田信長は、どのように勢力範囲を拡大し、いち時代を築き上げたのでしょうか。信長の事跡を時系列に沿って解説し、ゆかりの場所を訪ねる構成で、その生涯を読み解きます。

  • 教科書には書かれない「こぼれ話」を収録したコラム

信長の功績は、一代で乱世を終息へと向かわせたことだけにとどまりません。幕府や仏教勢力といった旧体制の代表と熾烈な戦いを繰り広げた結果、我が国の歴史は新たなステージへ入ることとなったのです。コラム欄では、信長に所縁ある人物やキーワードなどから、信長をとりまく人間関係や人物像に迫ります。

<監修者プロフィール>
谷口 克広 (たにぐち かつひろ)
戦国史研究家
1943年(昭和18年)、北海道室蘭市に生まれる。横浜国立大学教育学部卒業。戦国史研究家。著書は『織田信長家臣人名辞典』『信長の天下布武への道(戦争の日本史13)』『検証 本能寺の変(歴史文化ライブラリー232)』『信長と家康の軍事同盟(読みなおす日本史)』(以上、吉川弘文館)、『信長軍の司令官』『信長と消えた家臣たち』(以上、中公新書)ほか。

<目次>
第1章 戦国の革命児・織田信長登場
第2章 信長「天下布武」を標榜
第3章 四面楚歌の信長包囲網
第4章 天下布武、最後の戦いへ
第5章 主君・信長を弑逆した明智光秀

<刊行概要>
『信長 聖地巡礼手帖』
■発売:2020年3月24日(火)
■定価 :1,400円+税
■発行 :株式会社 世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418202056
※一部書店により発売日が異なります。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram