【本だな】ゲストハウスがまちを変える エリアの価値を高めるローカルビジネス  渡邊崇志・前田有佳利 著

  • 2022年5月9日

「ゲストハウス品川宿」など東京・品川で4軒のゲストハウスを開業し運営してきたノウハウと、他の事業者のゲストハウス開業を支援してきたノウハウをまとめた。ゲストハウスは「インバウンド比率が高く、他のゲストとの交流を重視した空間設計がなされているのが特徴」という。

再訪したくなる宿の条件として、「一元化されたサービス」「ローカルの日常に触れる体験」「血の通ったコミュニケーション」「地域の人々の価値観を理解しようと努める姿勢」の四つを挙げる。一元化されたサービスの利点については、「フロント、ベッドメイキング、ダイニングなど部門ごとに担当者を付ける分業体制よりも、チェックインからチェックアウトまで1人のゲストに対して1人のスタッフが寄り添う一元体制の方が、ゲストのわずかなサインを見逃さずに潜在的なニーズを満たすことができ、高付加価値を生み出しやすい」と指摘する。

開発支援事業のケーススタディでは、5事例を紹介。福島県・土湯温泉の「山水荘」が2018年10月にオープンした、温泉付きゲストハウス「Yumori Onsen Hostel」の事例も取り上げている。

著者の渡邊崇志氏は宿場JAPAN代表取締役、前田有佳利氏はゲストハウス情報マガジン「FootPrints」代表。

発行は学芸出版社。四六判288ページ。定価は2300円(税別)。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram