【本だな】アマンリゾーツとバンヤンツリーのホスピタリティイノベーション 徳江順一郎 著

  • 2021年9月2日

 著者の徳江氏は東洋大学国際観光学部の准教授。あとがきで「(コロナ禍で)観光どころか会食も自粛が求められる中で、海外のリゾートの本などを出してもいいのだろうか、と何度も逡巡(しゅんじゅん)した。しかし、リモートの講義が続く中で、学生たちには『観光は単なる遊びなどではなく、人間が、健康で文化的な最低限度の生活をするために必要なことだ』と伝えていることに改めて気づいた」と本書の刊行に至るまでの心情を吐露している。

 アジア発祥のラグジュアリー・リゾートホテルである「アマンリゾーツ」と「バンヤンツリー」について、それぞれの誕生、成長展開の軌跡、マーケティング戦略などを現地調査の結果も踏まえて詳細に記述。掲載写真点数の多さからは、著者のホテルフリークぶりもうかがえる。

 「第4章それぞれの比較」では、両リゾートチェーンの立地、マーケティング、施設を比較分析。各宿泊経験者の声も集めて紹介している。学者によるバンヤンツリーの考察は他に類を見ない。

 「第5章リゾート発の宿泊産業におけるイノベーション」では、上流階級のものだった初期のリゾート、観光の大衆化によるメガリゾートの普及などに触れた上で、次のように記している。

 「宿泊産業も、時に革新(イノベーション)があったことにより、現在の姿に至っているのである。そしてその担い手の多くは『よそ者、若者、ばか者』であり、ゼッカ氏(アマンリゾーツ創業者のエイドリアン・ゼッカ氏)やホー氏(バンヤンツリー創業者のホー・クォン・ピン氏)もそうだったのではないだろうか」。

 定価は1870円(税込み)。単行本(ソフトカバー)、224ページ。7月23日初版発行。問い合わせ先=創成社TEL03(3868)3857。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら