【本だな】ことりっぷ 福井

  • 2021年2月18日

 昭文社は「ことりっぷ 福井」を26日に発売する。

・ことりっぷ、北陸3県がそろいました♪
・ことりっぷならではの巻頭「福井にいったら、なにをしましょうか?」ページで福井の新たな魅力をご提案
・数ある見どころを「ことりっぷ」目線で切り取り、福井が持つレトロモダンな風情や伝統文化、季節の移ろい、そして山と海の幸等々多彩な魅力を、1冊にギュッと詰め込みました

 

<表紙><表紙>

 株式会社昭文社ホールディングス(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)とその子会社である株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役 清水康史、以下昭文社)は、このたび福井県のご協力の下、人気旅行ガイドブックシリーズ「ことりっぷ」の最新刊として、『ことりっぷ 福井』2021年2月26日より発売することをお知らせいたします。

日本海に面した北陸の地・福井県。エリアごとに絶景・史跡、温泉、カフェ・雑貨店など、おさんぽが楽しいスポットが多く点在しています。そんな数ある見どころの中を、「ことりっぷ」目線で切り取り、福井が持つレトロモダンな風情や伝統文化、季節の移ろい、そして山と海の幸等々多彩な魅力を、1冊にギュッと詰め込みました。

<代表誌面><代表誌面>

)) 本書の特長と誌面構成 ((

表紙オビは、福井県を代表する伝統工芸、越前漆器をイメージ。本誌では県内の北から南まで、福井タウン、鯖江、武生、あわら温泉、三国、越前海岸、永平寺、勝山、越前大野、池田、南越前、敦賀、美浜・三方五湖周辺、小浜、おおい、高浜、と各地を網羅。それぞれ見どころを、「ことりっぷ」らしいセレクトで詳しく特集にてご紹介します。
本書は大きく3つの構成に分かれています。
|| ちょっと気になる福井・越前
嶺北と呼ばれる福井県の北部エリアは、和紙や漆器といった伝統工芸が受け継がれる「ものづくりの里」として知られています。季節ごとに美しい日本海の景色や、古き良き町並みなども見どころです。

<足羽山公園を散策><足羽山公園を散策>

<鯖江で器を買いましょう><鯖江で器を買いましょう>

 || 行っておきたい福井・越前
絶景で知られる東尋坊や、日本最大級の恐竜博物館など国内外で有名なスポットが豊富な福井。禅の里・永平寺、戦国時代の町並みを復原した遺跡をはじめ、歴史を感じる名所めぐりも外せません。また天然温泉と海の幸が堪能できる宿、地酒や冬の越前ガニも要チェックです。

<禅の里・永平寺へ><禅の里・永平寺へ>

<あわら温泉でゆったり><あわら温泉でゆったり>

 || 海のまち 敦賀・若狭
時代ごとに陸海の交通の要所として栄えた敦賀は、海辺のリゾートとしても訪ねる人も多いエリア。古くは若狭国と呼ばれた美浜町より西の地域は、かつて朝廷に食材を納めた「御食国(みけつくに)」とよばれ、その歴史を感じる町並みや豊かな海山の幸をお楽しみいただけます。

<レインボーライン山頂公園><レインボーライン山頂公園>

<港町で海鮮を味わう><港町で海鮮を味わう>

 

)) 商品概要 ((
商品名   : 『ことりっぷ 福井』
体裁・頁数 : A5変型判(H180×W148)、本体112頁
発売日   : 2021年2月26日
全国の主要書店で販売
定価    : 935円(本体850円+税10%)
出版社   : 株式会社 昭文社

 

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram