【本だな】「旬菜ごよみ365日」ワタナベマキ

  • 2018年11月25日

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2018年11月21日(水)に、『旬菜ごよみ365日』を刊行いたしました。

簡単に作れるのに、どの料理も新鮮なおいしさがある、そして、見た目にもオシャレ。
それは、自分自身が食べることが大好きで、育ち盛りの男の子を持った、忙しく働くお母さんが作る料理だから。

そんな人気料理家のワタナベマキさんが、旬の食材を使った毎日のレシピと、
食にまつわる日々の出来事をつづった日めくりタイプのレシピ集。

毎年欠かせない、梅や山椒、らっきょう、栗といった季節仕事はもちろん、
お世話になった人から届く季節の野菜、子供の塾弁当や家族が大好きなカレー、料理を教えてくれた母や祖母の思い出の味…。
さらに、撮影の手土産としていただくおやつや、毎年夏になると食べる冷たいデザート、
料理に欠かせない愛用の調味料なども紹介しています。

毎日のレシピは、手の込んだものでなく、旬の食材をおいしく食べるシンプルなものばかり。
他の料理書では決して見ることができない、
ワタナベさんならではの食にまつわるあれこれが、全て詰まっています。

美しい写真と、短い文章と3行レシピは、
毎日1ページ、大切にめくりたくなること間違いなし!贈り物にも最適な一冊です。

【目次抜粋】
1/1鯛の昆布じめ寿司、2/2小はまぐりと新わかめの鍋、3/9山菜の天ぷら、4/5うどとグレープフルーツのマリネ、5/10オクラの煮びたし、6/6実山椒のしょうゆ煮、7/2赤じそシロップ、8/12水餃子、9/11よだれ鶏、10/5栗の渋皮煮、11/7台湾風高菜ごはん、12/31ビーフシチュー
・・・など

【著者プロフィール】
ワタナベマキ
料理家。季節を感じさせる作りやすいレシピに定評があり、雑誌や広告等で活躍。元グラフィックデザイナーならではの色彩豊かでデザイン性の高い盛り付け、スタイリングに加え、ファッションや暮らしなどのライフスタイルにもファンが多い。近著に『玉ねぎ×ワタナベマキ=食感』『グラタン・ドリア』(誠文堂新光社刊)、『かけるだけ、あえるだけ 醬の本』『冷凍保存ですぐできる 絶品おかず』(家の光協会刊)、『うちの台所道具』(主婦と生活社刊)など。
Instagram:maki_watanabe (https://www.instagram.com/maki_watanabe/?hl=ja)

【書籍概要】
書 名:旬菜ごよみ365日
著 者:ワタナベマキ
仕 様:四六判、432ページ
定 価:1600円+税
配本日:2018年11月21日(水)
ISBN:978-4-416-51876-2


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram