【本だな】「ラーメンWalker2020」新潟版・山形版・千葉版

  • 2019年11月11日

 KADOKAWA(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹)は8日、「ラーメンWalker2020」の第4弾、新潟版、山形版、千葉版の3エリア版を発売した。

全国のラーメン最旬情報を発信し続けている『ラーメンWalker』! 最新2020年版の第4弾、新潟版、山形版、千葉版の3エリアが発売となりました。
各エリアの誌面とオススメポイントをそれぞれの編集部からお伝えします!

●『ラーメンWalker新潟2020』
新潟は数多の麺文化が混在するラーメン王国。新潟市の屋台が発祥の「新潟あっさりラーメン」、濃厚な味噌ラーメンを割りスープで薄めて食べる「新潟濃厚味噌ラーメン」、極太麺とたっぷり背脂スープの「燕三条背脂ラーメン」、三条市内で昔から愛されている「三条カレーラーメン」、生姜がキリッと効いた「長岡生姜醤油ラーメン」と、県内地元に根付く「新潟5大ラーメン」に加え、豚汁ラーメンや新潟発祥と言われる麻婆麺など多彩なラインナップが見られます。外食におけるラーメン店での支出も全国上位で、県民のラーメン愛や麺欲求も強い。近年では東京のラーメントレンドにも敏感で、有名店出身の淡麗系、特濃煮干し、シビ辛系など、流行のラーメンやトッピングなどを取り入れる店も多く誕生しています。

中華そば 背脂(中華そば 市松)中華そば 背脂(中華そば 市松)

 

<『ラーメンウォーカー新潟2020』のテーマ>
今年のキーワードは「進化するご当地麺」。こだわりのダブルスープ、美しすぎるビジュアル等で話題の「次世代の長岡生姜醤油ラーメン」や、ネオクラシカルな変貌を見せる燕三条背脂ラーメンなど、従来からのご当地ラーメンに変化が起きています。さらには、ミシュランガイド東京でビブグルマンを獲得した名店の電撃復活、塩淡麗、極濃煮干しなど、今年の新店は多彩な顔触れがズラリ! 新たな時代に突入した、ラーメン王国・新潟の「進化する今」を徹底紹介します。

<注目企画!>
人気アイドルNGT48とのコラボ企画では、NGT48らーめん部(中村歩加さん、大塚七海さん、真下華穂さん)の3人が、話題のカスタムラーメンの人気店をレポート! オリジナル麺作りに挑戦したり、食レポしたりと、メンバーのラーメン愛が詰まった写真&インタビューを掲載。サイン入りチェキの読者プレゼントもご用意。さらに、カレー・スパイス料理研究家として活躍する新潟出身の一条もんこさんが、本当においしいカレーラーメン店をご紹介。年間カレー800食、レトルト3000食を食破する一条さんがレコメンドする店とは!? そのほか百麺人のラーメン官僚・田中一明氏監修で、知る人ぞ知る名店の宝庫、上越エリアを徹底取材! 本誌初掲載の名店にも注目。

NGT48らーめん部の真下華穂さん(左)、中村歩加さん(中央)、大塚七海さん(右)NGT48らーめん部の真下華穂さん(左)、中村歩加さん(中央)、大塚七海さん(右)

とろかれーらーめん(バス長ラーメン)とろかれーらーめん(バス長ラーメン)

●『ラーメンWalker山形2020』
米沢、酒田、新庄などのご当地麺や、夏が暑い地形ならではの冷やし麺など、さまざまなジャンルが入り混じる山形県は、一人当たりのラーメンの店舗数が日本一と言われる屈指のラーメン王国です。

<『ラーメンウォーカー山形2020』のテーマ>
今年の特集は「名店の旨味革命」。酒田のワンタン麺ニューブランドや、移転してさらにパワーアップした店など、山形にゆかりのある名店が挑戦する新たな味を紹介。また、北海道・札幌の本格味噌ラーメンや、醤油二刀流で勝負する店など、新たな時代に突入している山形ラーメン界の今を紹介します。

<注目企画!>
山形が誇る二大ソウル麺「ラーメン」と「そば」。その両方が楽しめる「そばラー」の知る人ぞ知る名店を9つ紹介! そばの技術がラーメンにどう生かされているのか、そのポイントを徹底取材。 『ラーメンウォーカー山形2020』、どうぞご注目ください!

鳥中華(手打 水車生そば)鳥中華(手打 水車生そば)

中華そば(ケンちゃんラーメン本店)中華そば(ケンちゃんラーメン本店)

味噌ラーメン(拉麺ひなた)味噌ラーメン(拉麺ひなた)

 

 

●『ラーメンWalker千葉2020』
首都圏屈指の「ラーメン王国」千葉県。勝浦タンタンメン、竹岡式ラーメンなどのご当地麺に始まり、多くの独自性の高いラーメンが存在するなど、一度食べたら忘れられない唯一無二のラーメンに出合えるエリア。「なりたけ」の背脂系や濃い醤油タレが効いた一杯など、ガツンとパンチがあるラーメンが好まれる傾向にある一方、近年はあっさり系の“中華そば”にムーブメントが起こっています。

<『ラーメンウォーカー千葉2020』のテーマ>
人気店による2号店や、県外で修業したラーメン店が地元復活するなど、千葉の地元愛に根差した新店が多い今年のテーマは「ラーメンで千葉を元気に!!」。令和新時代を迎え、味の系譜も新たな流行を迎えている千葉のラーメンを総力取材します!

<注目企画!>
新店特集は、「2020年に食べるべき新店20杯」。ハイレベルな店が多い千葉のなかでも必食の一杯を紹介します。そのほか、これぞ千葉流!という迫力ド級の「暴走肉麺を喰らえ!!」特集も。『ラーメンウォーカー千葉2020』、どうぞご注目ください!

太陽のトマトラーメン(Waii Wai Ramen 8)太陽のトマトラーメン(Waii Wai Ramen 8)

しょうゆ らぁめん(らぁめん ひろりん)しょうゆ らぁめん(らぁめん ひろりん)

 

 

本気の炙り焼豚そば(本気の焼豚 プルプル食堂)本気の炙り焼豚そば(本気の焼豚 プルプル食堂)

 

『ラーメンWalker新潟2020』
定価:(本体900円+税)
発売日:2019年11月08日
判型:A4判
ページ数:92
ISBN:978-4-04-896632-0
https://www.kadokawa.co.jp/product/321907000061/

『ラーメンWalker山形2020』
定価: (本体900円+税)
発売日:2019年11月08日
判型:A4判
ページ数:92
ISBN:978-4-04-896634-4
https://www.kadokawa.co.jp/product/321907000063/

『ラーメンWalker千葉2020』
定価:(本体890円+税)
発売日:2019年11月08日
判型:A4判
ページ数:108
ISBN:978-4-04-896617-7
https://www.kadokawa.co.jp/product/321906000672/


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram