【月別取扱額10月】東武トップツアーズ、総取扱額は3%減

  • 2019年1月11日

 東武トップツアーズが12月17日に発表した10月の販売実績は、総取扱額が前年同月比2.9%減の153億6038万円となった。国内旅行は8.0%減の109億3954万円となった。

 国内旅行のうち団体旅行は7.1%減で、種別では一般団体が8.5%減、教育旅行団体も5.6%減と低調だった。個人旅行は企画商品が10.7%減で、企画商品を除く個人旅行も10.9%減とそれぞれ2桁減。

 海外旅行は11.1%増の32億4981万円。団体旅行は13.9%増、個人旅行の企画商品は15.6%増、その他の個人旅行は3.1%増となった。

 訪日旅行は28.0%増の10億4231万円。その他の部門は30.9%減の1億2872万円だった。

 4~10月の累計は総取扱額が3.7%減の847億652万円。国内旅行は6.6%減の595億9019万円、海外旅行は0.1%減の190億6724万円、訪日旅行は36.0%増の49億2263万円、その他が22.8%減の11億2646万円となっている。

関連する記事

総取扱額0.5%増に国内旅行は1.1%増 鉄道旅客協会が2月26日に発表した主要旅行業12社の1月の旅行取扱額は、前年比0.5%増の2231億7192万円だった。内訳は…

続きを読む

日本旅行は26日、「宿泊アンケート」で評価の高かった優秀施設を発表した。 ㈱日本旅行(本社:東京都中央区、社長:堀坂明弘)は、2017年10月~2018年9月に「日本旅行…

続きを読む

フジドリームエアラインズとJALは、夏季ダイヤでコードシェアを拡大する。 株式会社フジドリームエアラインズ(本社:静岡県静岡市、社長:三輪 德泰、以下「FDA」)と日本航…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube