【日本茶インストラクターが勧める 素敵なお茶生活 60】究極の日本茶 繁田聡子

  • 2021年4月7日

 これぞ「究極の日本茶」と断言できるお茶を、私は知りません。存在するとさえ思っていません。なぜなら、人それぞれ「味覚と心の持ちよう」が違うからです。

 ただ「深い味わい」と「くつろぎ」を提供できる飲料の一つが、日本茶であるとの確信はあります。「あー、おいしい」と心からほっとし、ゆとりのひとときを過ごしていただける茶業にたずさわれるのは、幸せなことです。

 日本茶、紅茶、コーヒーの水出し方法は同じようにありますが、湯温の変化による味わいの違いを楽しめる飲み物が、日本茶の他にあるでしょうか。ぬるめに淹(い)れたまったりとしたお茶に癒やされ、熱くてきっぱりとした苦渋いお茶でシャキッとする。そのどちらにも対応できる柔軟さが、日本茶にはあります。

 一方的な価値観だけで判断し、レッテルを貼り、物事や人を区別する傾向が強まっている風潮に、茶々など入れたい心境です。

 「そろそろ、お茶にしませんか」。

 テアニンの力を借りて、心を穏やかに、そして頭を柔らかくいたしましょう。

 ※「素敵なお茶生活」は今週号で終了いたします。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら