【日本茶インストラクターが勧める 素敵なお茶生活 57】さる外資系ホテルの日本茶2 繁田聡子

  • 2021年2月27日

 残念なことに、素敵な茶碗のお茶からは、喉から鼻に抜けるような香りもうま味もまったく感じることができません。湯の温度は上級煎茶向けでしたが、茶の葉の量に対する湯の量が多過ぎる味です。ポットの中味はどういう状態なのだろうとの疑問が膨らみます。本を読みながら、次のサービスを待ちました。

 すると、私が飲み切った頃合いを見定め、注ぎに来て下さいました。ポットの中がどうなっているのかぜひとも知りたく、「お手数ですが、ふたを取って、中を見せていただけますか」と、先方にしてみれば、思いもかけない依頼に、「少し渋くなってるかもしれませんが」と、少し驚きながらも嫌な顔もせず、見せて下さいました。たっぷり残った湯の中に柔らかそうなお茶の葉が浮いていました。推測するに6グラム前後の葉の量でしょうか。このポットの湯量では、味が薄すぎるのも当然です。茶の葉を浸したままなのも不思議です。湯温が熱くないので、渋味は特に感じませんが、味もほとんどありません。これが日本のお茶の味だと思われるのはあまりにも悲しいと思いつつ、3回目のサービスを待ち、本に目を落としました。

 席はかなり埋まっていましたが、目配りは行き届いていて、タイミングよく茶碗にお茶が注がれます。保温器のおかげ(?)で温かいだけの色つきのお湯を飲み干し、高いお茶代を支払い、失望のうちにラウンジを後にしました。

 ゆったりと流れる時間と素敵な空間を提供するのが第一の目的なのでしょうが、そこにお茶のおいしさが加わったらどんなに素晴らしいことでしょう。お茶の納入業者の方はあの淹(い)れ方を承知なさっているのかしらとも思いました。香りもうま味もない薄いあの味が日本茶だと、外国から訪れた方々に思われるとしたら、とても、とても残念です。
      

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram