【日本茶インストラクターが勧める 素敵なお茶生活 56】さる外資系ホテルの日本茶1 繁田聡子

  • 2021年2月12日

 数ある外資系ホテルでの日本茶によるサービスをひとくくりにするのは、危険であり失礼なことと承知の上での記述です。

 ホスピタリティの追求とサービスの高さで有名な某ホテル。50歳代の記念にと、幼なじみの誘いを受け、人生一度きりのエステを受けに行ったホテル。隅々にまで漂う高級感に驚きさえ覚えた懐かしい思い出があります。

 以前、最上レベルのホテルマンであり、このホテルの日本支社長をなさった方の素晴らしい講演を聴いたこともあり、どのようなサービスがなされているのか、緊張しながらもワクワクした気持ちで、ロビーラウンジに向かいました。

 お茶をいただきたい旨をお伝えすると、案内された席はグランドピアノのそば。ちょうど演奏が始まる頃でした。

 メニューを開くと、たくさんの品種の紅茶が記載されていて、「宇治、やぶきた」の1行をやっと見つけ、オーダーしました。「日本茶は常時置いていないのかしら、別のフロアーまで探しに行っているのかしら」と思うほどに時がたちましたが、心地良いピアノの調べに、待ち時間は苦痛ではありません。高い天井、豪華な設えを眺めながら待ちました。

 茶托と中白(なかじろ)で飲み口の薄い茶碗が置かれ、期待は高まります。中白とは、お茶の水色(すいしょく)を楽しめるように内側が白い茶碗のことです。100ミリリットルほどのお茶を入れるのに適した大きさでしょうか。そこに、800ミリリットルぐらいはあろうかと思われる紅茶用のポットから、日本茶が注がれました。中身はたっぷりあるようで、当然注ぎ切ることなく、離れた壁際の保温器(多分)の上に置かれました。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram