【日本茶インストラクターが勧める 素敵なお茶生活 5】急須と茶器1 繁田聡子

  • 2018年11月9日

 急須をお求めになる時の基準は何でしょうか。

 産地、価格、デザイン、持ちやすさ、茶殻の捨てやすさなどの中で、各人、優先順位は違っていて当然ですが、日用品という点からすると、大きさ、形も含めて使いやすさを第一条件にされることをお勧めします。また、日々目に触れるものですから、デザイン的にもお気に入りの物を選ばれたらいかがでしょう。少々値が張っても1年、12カ月で割り算してみては? 1日当たりの単価も判断基準に加えてみて下さい。お気に入りを使うと扱いも丁寧になるし、お手入れにも気合が入るというものです。

 湯呑(の)み茶碗も、お客さま用として食器棚に飾っておくだけでなく、たまには家族のため、ご自身のためにお使いになってみませんか。ワインとグラスの関係同様、お茶も、急須と茶碗とで確かに味が変わります。

 煎茶を淹(い)れる時、湯温に気を付けているものの、「こく」が足りないと思っている方は、お猪口(ちょこ)やぐい呑みを使ってみて下さい。いつもより少ない湯量で淹れることにより、同じお茶がより深い味わいとなるはずです。

 2煎目は、いつも通りの湯量で、湯温を少し上げてお淹れ下さい。1煎目とは違った爽快な渋味を感じることと思います。ぜひ、お試しを。

関連する記事

バス乗務員不足解消に向けて、女性と若年層に象徴される新しい「なり手」の創出に向けては、個別の事業者の努力には限界がある。人口構成の変化により国全体が人手不足の状態にある中…

続きを読む

2018年度の年末年始の動きが各地で活発なので、今号ではその概況について述べたい。 今年度の年末年始は始まりが12月29日(土)で、終わりが1月6日(日)となる予想で、…

続きを読む

「時刻表2万キロ」など鉄道紀行文学で名高い宮脇俊三さんが晩年に刊行した「鉄道廃線跡を歩く」シリーズは、筆者の愛読書の一つだ。各地を訪れる時は必ずチェックする。先日沖縄県嘉…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube