【日本茶インストラクターが勧める 素敵なお茶生活 20】日本茶インストラクターという資格2 繁田聡子

  • 2019年7月10日

 1期生は茶業関係者に限られていましたが、2期生以降の受験資格は、20歳以上の者となり、一般からの応募も年々増えてきているようです。専門的な知識が問われるため、日本茶インストラクター協会の通信講座で学ぶのが近道かと思います。年1回、11月に1次試験が行われるので、半年ぐらいの準備期間を確保することをお勧めします。

 茶販売に携わっていたとはいえ、栽培、製造、化学の分野の専門用語には戸惑いました。全く経験のないことなので、想像の中でしか理解ができなかったのです。とにかく、テキストを読み込むことです。仕事や家庭を抱えての勉強は大変ですが、知らない世界をのぞける楽しさはかなりのものです。

 お茶を飲みながら、カフェインで頭をすっきりさせ、テアニンで癒やされつつ、挑戦なさってみませんか。

 筆記試験クリア後は、実技試験対策として、「直前勉強会」が開催され、鑑定やインストラクションを先輩のインストラクターが指導しますので、ご安心を。

 合格は最終目標ではありません。お茶に向き合うスタートラインに立てたという自覚を持ち、知識をより深めつつ、経験を重ねていって下さい。

 「日本茶アドバイザー」という初級の資格もあります。通信講座のほかに、通学式の講座もあり、こちらはお茶全般の基礎知識が問われ、合格率は90%ぐらいです。アドバイザーのテキストを理解できれば、かなりのお茶通といえるほどで、その内容はとても濃いものだと思います。なお、インストラクター通信講座の修了者は申請により、アドバイザー資格が取得できることもお知らせしておきます。

 詳しいことは、日本茶インストラクター協会のホームページをご覧下さい。
 (http://www.nihoncha-inst.com) 

関連する記事

前回は、私の社会人人生のベースを作ってくれた伊藤園でのキャリアについてお話しいたしました。今回は、次に入社したリクルートについて話します。私がその後打ち込むこととなる「人…

続きを読む

東京都中央区月島は、言わずと知れたもんじゃ焼きの聖地。「西仲通り商店街」から半径500メートル以内に約70軒以上のもんじゃ焼き店があり、「月島もんじゃストリート」と呼ばれ…

続きを読む

淡嶋神社のひな流し(和歌山市) 私は「奇祭ハンター」として毎月、日本全国へと奇祭旅を行っている。今回の旅の日付は3月3日、ひな祭り。目的地は和歌山市加太にある淡嶋神社だ。…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube