【日本茶インストラクターが勧める 素敵なお茶生活 16】教えるとは学ぶこと 繁田聡子

  • 2019年5月16日

 お茶の淹(い)れ方教室での多くの方々との出会い、ふれあいはありがたくうれしいものです。人を引きつける魅力がお茶には詰まっていると実感しています。

 教室の準備の中心は、実習用の茶種とお菓子の選択、そしてお伝えする内容の確認です。理解しているつもりの事柄も再確認します。新しい事柄は当然、下調べが必須です。

 「伝える」経験を積めば積むほど、自身の理解が深まるような気もします。時には誤りに気づき、未熟さ、浅はかさを反省することもあり、まさに「教えるとは学ぶこと」と痛感します。

 「教える」とは、相手が理解して、初めて成り立つ行為です。自分が理解していることを話しただけでは、相手には何も伝わりません。「成績優秀な学生が必ずしも最高の家庭教師ではない」のと通じるものがあるかもしれません。たやすいことではありませんが、言葉を相手の心に届ける努力が必要と自分に言い聞かせています。

 数年たった今でも、忘れられない記事があります。

 「人の生き方は言葉遣いに表れます。人間はその時々に使う言葉以上にも以下にも生きてはいません。言葉は言い訳のできない心そのもの。人に不愉快を強いないために、自分の思いをできるだけわかりやすく伝え、相手の言う事を曲がって聞かないことが大切です。自分の体を通った言葉でなければ相手に届きません」

 (竹西寛子氏「八五歳の『ことば』」日本経済新聞インタビューより引用)

 言葉は大切、そして難しいとつくづく思います。

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube