【日本温泉協会特集】温泉文化シンポジウム ユネスコ無形文化遺産に「日本の温泉文化」登録を

  • 2022年7月12日

温泉の価値見直す契機に 国民的な機運づくり重要

 日本温泉協会は6月21日、神奈川県・箱根湯本温泉で開いた2022年度会員総会に併せて温泉文化シンポジウムを開催した。高崎商科大学特任教授の熊倉浩靖氏をコーディネーターに、島根県・玉造温泉の高永佳明氏(長楽園支配人)、群馬県・草津温泉の中澤敬氏(ホテルヴィレッジ会長)、日本秘湯を守る会会長の星雅彦氏(新潟県・栃尾又温泉、自在館社長)、神奈川県・箱根町観光協会専務理事の佐藤守氏が登壇。地域それぞれが温泉文化への認識を深め、ユネスコ無形文化遺産に「日本の温泉文化」を登録する意義を確認した。

拡大

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram