【日本政府観光局インバウンド最新リポート 52】中国発のスポーツ観光 JNTO北京事務所 服部真樹 前所長

  • 2019年8月4日

ターゲットの見極めが鍵

東京2020オリンピック・パラリンピックまであと1年となったが、中国では早くも関心が高まっている。一方でラグビーはあまりなじみがないためか、もう2カ月前だというのにラグビーワールドカップはほとんど話題に上らないのとは対照的だ。

ロンドン、リオ、平昌に続いて、東京でも中国オリンピック委員会管轄区域での五輪観戦チケット販売代理機構(ATR)に指定されたカイサー旅游によると、今回は近隣国での夏季五輪なので50万人以上の中国人の観戦が期待できるとのこと。ちなみにリオ五輪における中国人観客は2千~3千人、平昌冬季五輪においては8千人だったと推計されるだけに、東京への期待は桁違いに大きいと言ってよいだろう。特に人気なのは開会式と卓球で、それ以外にもバドミントン、バレー、体操、飛び込みなどの種目は国民的関心が高そうだ。

販売方式はチケットを含む団体ツアーが中心だが、チケットと航空券・ホテルを組み合わせたパッケージ商品のほか、接待やインセンティブ旅行向けのオーダーメイド商品も販売するという。

こうした「観る」スポーツ観光もさることながら、実際に「する」スポーツ観光も熱を帯びている。中国におけるスキー市場は急成長しており、昨シーズンは日本の多くのスキー場が中国からの家族連れ初級者で大いににぎわったと聞く。

中国人ランナーの日本でのマラソン大会参戦も大変な人気だ。日本のマラソン大会は運営がしっかりしていることと、沿道の温かい応援が励みになることが選ばれる理由だという。

一方ゴルフはどうだろうか。習近平政権発足以後、それまで無秩序に開発されてきたゴルフ場は整理され、営業しているゴルフ場の数は2014年のピーク時と比べて17年には約3分の2に減少した。公務員はプライベートも含めゴルフが一切禁止となり、ゴルフは限られた人のぜいたくな遊びとみなされている。年間8ラウンドを超えるコアなゴルフファン人口は減少傾向で、17年では38~39万人と推計される。

中国からの訪日観光客の主役は家族連れであり、スキーと違って、家族でゴルフを楽しむことはできない。しかもスキー場と違いゴルフ場には日本と中国で大きな違いはなく、わざわざ日本でゴルフを楽しむ理由は乏しい。現状を見る限り、日本のゴルフ場を、スキー場のように中国人観光客でにぎわせるには、取り巻く環境は厳しいと言わざるを得ない。

しかし、人数ではなく質、すなわち消費額を追求するのなら別である。日本と比べて中国ではゴルフ用品は何でも高価だし、北京などの華北では冬の間のゴルフは困難だ。また中国人ゴルファーの多くは会社経営者や管理職の男性である。民間企業の訪日インセンティブ旅行の一環としての買い物を兼ねた避寒ゴルフなど、ターゲットを絞った取り組みが望まれる。

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube