【日本ふるさと紀行 50】佐賀市~政治・教育の大隈重信の故郷 旅行作家 中尾隆之

  • 2019年6月25日

近代化の偉才生んだ鍋島藩の城下町

 佐賀駅から南の佐賀城に向かって真っすぐのびる中央大通りを歩いていると、歩道に並ぶ人物像のモニュメントに足が止まる。佐賀が誇る幕末・維新に大活躍の偉人たちである。

 英明な10代藩主鍋島直正や副島種臣、江藤新平、大隈重信ら幕末・維新に活躍の佐賀の七賢人らそうそうたる顔ぶれだ。なかでも慕われている一人が、総理大臣や早大創立などで生涯活躍した大隈重信である。

 八太郎(重信)が武家屋敷地の会所小路の佐賀藩士・大隈家の長男に生まれたのは天保9年(1838)。

 生家は55坪の茅葺き平屋が旧宅として残るが、一部瓦葺きの2階は6歳で藩校弘道館に入学する折、増築した勉強部屋。母の思いつきか、眠気で頭が垂れると出っ張りが額に当たる仕掛けになっていて、ごっつん柱と呼ばれた。

 重信の生誕125年を機に建てられた敷地に建てられた記念館で年譜や文書、写真、パネルに見入った。

 展示によると、弘道館では成績優秀で学識を深めて、やがて佐賀藩の「葉隠」に基づく儒教思想に反発して17歳で退学。その後、蘭学寮で国学、長崎で英学を修め、30歳で上京して明治新政府に出仕する。

 13歳で父を亡くし、家計にゆとりはなかったが、自宅での友人の集まりや飲食、放歌高吟など母は少しも厭わなかったという。

 85歳の生涯で2度の総理大臣、5度の外務大臣など要職を請われて手腕を発揮。殖産興業、財政改革、鉄道建設、大学、女子教育など幅広い見識をもって日本の近代化に尽力した。東京で亡くなり、後日、日比谷公園で初の国民葬が行われた。

 鯱の門が残る佐賀城跡、ひいきの南蛮菓子・丸房露の鶴屋菓子舗、帰佐の折にしばしば泊まった古河銀行頭取の旧古賀家など重信ゆかりの場所を訪ねると日本の近代化の流れがほのかに見えてくる。

(旅行作家)

 ●佐賀市観光協会TEL0952(20)2200

関連する記事

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7月1日、一部施行された。東京五輪・パラリンピック開催前の来年4月には全面施行され、健康的な生活空間の確保に向けた動きがより本格化す…

続きを読む

私の日体大では高校を5校も併設している。教員養成目的の大学であったがため、教育実習校が必要だったのである。中学も2校、そして幼稚園も併設している。経営は、おかげさまで順調…

続きを読む

親友にパソコンからWi―Fi経由で客室のエアコンを操作できないか相談している。既製品の家電コントローラーを買ってくれば済むのだが、価格が高いしカスタマイズできないからとい…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube