【旅館経営 タテ・ヨコ・ナナメ 175】新型コロナウイルスへの経営対応62 原理原則5 人心の喚起 佐野洋一

  • 2022年10月18日

(3)意欲を生みだす方策

 意欲を生みだすために、どんなことをしていったらよいか?―単にそれだけを目的とした「お飾り」のような方策では、本当の意欲にはつながらない。なるべく、実益=商売や経営の向上に結び付ける取り組みを兼ねることである。

 (ⅰ)オペレーションの整理

 この2年余りで、大半の旅館がサービスや運営のあり方を、多かれ少なかれ変えてきたことだろう。ポリシーや営業方針に関わる変更を伴ったケースもあろうかと思うが、それらが未整理のまま放置されてはいないだろうか。「変えてきた」こと自体はおそらく間違いではないが、変えたなら変えたなりに、それを新たなスタンダードとして位置付けておく必要がある。

 平たくいえば、業務フローやマニュアルの書き換えだ。この作業を、社員の協働ワークとして進めてみよう。もともとそんなものはなかったという旅館が多数かもしれない…が、だとしても、これを機にオペレーションの「見える化」に取り組んでみてはいかがだろうか。

 多少回り道になるかもしれないが、コロナ禍で「どこをどう変えたか」を洗い出して整理してみるとよい。方針変更の理由や背景を振り返り、それによっては見直すきっかけともなる。そしてさらに意味あるものとするには、これを「かつて↓現在↓これから」という流れの中に落とし込んで、「今後どうしていくか」を考えるのだ(図参照)。

 (ⅱ)市場動向の見通しと営業戦略の立案

 これはまさに変動著しい今、やるべき作業である。

 「市場動向の見通し」とは、「当館にとっての」でよい。現在の客層や利用形態がこの先どうなるか? 「全国旅行支援」で、今後どういう地域から流入が見込めそうか? 「コロナ以前」の宿泊スタイルはいつ頃、どんな形で復活しそうか? 同地域のライバル旅館では、どんな企画を打ち出しているか?… そして「営業戦略の立案」とは、こうした見通しを前提に、どんな手を打っていくか組み立てる、ということだ。

 「それが意欲とどんな関係があるのか?」と思われるかもしれない。だが、この一見いかめしいテーマを「ともに考える」こと―これがまたとない意欲喚起の材料になると思う。「見通し」についての情報収集も、あえて手分けして当たってみるのだ。「ウチにはパソコンを扱える社員がいない」などと言わないでほしい。パソコンが使えなくとも、スマホで毎日いろんな調べものをしている社員はたくさんいるはずだ。

(リョケン代表取締役社長) 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram