【旅館・ホテルの「客室備品・必需品」特集】喫煙ブース Fujitaka 

  • 2018年3月16日

新タイプのキューブ

周囲の環境にマッチ

社会の分煙化傾向が年々進む中、Fujitaka(フジタカコーポレーション、京都市)は、充実した機能だけではなく、周囲の環境に合ったデザインを兼ねそろえた最新の喫煙ブース「SMOKE POINT(スモークポイント)」を提案している。

かつての喫煙ブースは、禁煙と喫煙の空間を分離することに重点を置いた。そのため、デザインが建物の雰囲気に合わず管理者が導入を見送ったり、煙が漏れ出すなど性能が低かったりするものも一部で見られた。

スモークポイントは、デンマーク生まれのスタイリッシュなデザイン。周囲を開放感ある透明ガラスで囲み、美しいインテリア空間を生み出す。

本体には3種類のフィルターを装備し、吸引したたばこの煙のほとんどに当たる99・95%を除去する。さらに、大容量の吸い殻入れ設置や静音・省エネ設計など性能も高い。移設も簡単にできる。また、清掃・メンテナンス制度もあり、導入施設はこの制度を利用し、いつでも快適な分煙環境を維持できる。

スモークポイントの中で紫煙をくゆらす喫煙者と、すぐ外にいる非喫煙者が、近くにいながら互いに嫌な思いをせずにコミュニケーションをとることが可能だ。

ラインアップは、全面扉がなく開放感が高い「オープン」、一部がない「セミオープン」、完全に仕切る「ドア」の3種。4月からは、小型タイプの「キューブ」が新たにに加わる。

キューブは、約0・5坪の狭小スペースにも設置が可能。1~2人対応の喫煙ブースで、ブース内からたばこの煙の流出を防ぐため、スライドドアを標準装備した。

https://www.smokepoint.jp/


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram