【旅行会社トップの年頭所感】地域を、日本を元気に 東武トップツアーズ社長 百木田康二

  • 2023年1月18日

百木田社長

 年頭に当たり、謹んで新年のごあいさつを申し上げます。

 2022年は、日本でも新型コロナウイルス感染拡大に伴う行動制限を緩和する動きが進み、地域割や全国旅行支援など観光需要喚起策により各地域にコロナ前のにぎわいが徐々に戻ってきた1年でした。こうした中、当社は幅広い世代が利用するLINEアプリを利用した参加登録やサービスの提供により事務作業の省力化、効率化を図る等、デジタル技術の活用を含めたソリューションの提供を行い、地域の活性化による日本経済の発展と社会課題の解決を両立する持続可能な社会の創造に向けた取り組みを進めてまいりました。

 2023年は、全国旅行支援による国内旅行者数の増加、そして入国規制の緩和による訪日旅行客の増加で、昨秋以降旅館・ホテルの稼働率が上がってきている追い風を受け、旅行需要のさらなる回復を見越しながら、地域誘客や観光振興等の各地域の観光需要喚起策をはじめ、地域活性化に資する事業であるソーシャルイノベーション事業にも引き続き取り組みます。一方、私たち観光業界の人手不足は深刻な問題であり、売り上げ機会の損失がかなり出ていることも事実です。業界全体で取り組まなければならない課題と認識しています。お客さまへの旅行サービスの提供とともに、業界や地域が抱える課題解決に向けたソリューションの提供にこだわり、全社一丸となって「地域を元気に、日本を元気に」するよう努めてまいります。

 また、2025年の大阪・関西万博を見据え、脱炭素社会を目指した地球環境に配慮する取り組みにも注力していきたいと考えています。具体的には、お客さまのニーズやビジネスパートナーの皆さまとの連携を通じ、より環境負荷の少ない旅行内容を提案するなど、持続可能な社会の実現に向けたソリューションの提供を目指します。併せて、未来の社会を担う人材育成の観点からは、探究と創造のサイクルを生み出す教育概念であるSTEAM教育に着目し、教育旅行等を通じて子どもたちの育成を支援するソリューション提案に取り組んでまいります。

 東武トップツアーズは「人が主人公、財産」という信条を持ち、人財を最も大切なリソースと捉え、その育成・強化を経営の根幹に置いています。とかく労働集約型に分類されがちな観光業界において、社員のワークライフバランス、ウェルビーイングを意識し、労働生産性の向上を実現することで、さまざまな分野から人財が集まるよう、業界全体の盛り上げにも寄与していきたいと考えています。当社が設立以来掲げている「ありがとうの連鎖」という企業理念のもと、お客さまをはじめ、当社に関わるすべての人々を幸せにし、大きく飛躍する1年とするべくまい進してまいります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram