【新年ごあいさつ】 日本観光振興協会 会長 山西健一郎

  • 2023年1月3日

23年は「価値の創造」をテーマに

謹んで新年のごあいさつを申し上げます。

 昨年は、国内観光は全国旅行支援が開始されるなどコロナ禍から観光が再起動した1年となりました。インバウンドはコロナ禍前までまだ回復したとは言いがたいですが、10月に政府が渡航規制を大きく緩和し、徐々にお客さまが戻りつつあります。全てが思い通りにというわけにはいきませんが、日本の観光は着実に再起動を始め、次の時代へと動き始めています。弊協会といたしましても、昨年は観光の再起動に向けた取り組みを進めた1年でした。4月に開催された観光立国推進協議会では「観光による国際往来再開と地域経済再生に向けた決議」を行うとともに、5月には斉藤国土交通大臣へ「水際対策の緩和」に関する要望書を提出しました。9月には3年ぶりに日台観光サミットを台湾桃園市で開催。早期に双方向交流を再開し、さらなる高みを目指すことで合意。11月の台北国際旅行博(ITF)では商談会や旅行博覧会も盛況でした。9月のツーリズムEXPOジャパンでは、観光が私たちの生活に不可欠なものであるということを改めて実感いたしました。

 一方で、観光の再起動が進むことで日本の観光を取り巻く問題が顕在化してきたことも事実です。2023年弊協会では、「価値の創造」をテーマにしながら各種事業に取り組みます。重点事項としては、観光におけるDXの推進が挙げられます。23年は実証実験等を通じながら全国の観光事業者などにご活用いただけるようなプラットフォームの構築に努めてまいります。人材と観光組織の育成は価値の創造に必要不可欠です。弊協会ではこれまでも観光人材の育成に関する事業に取り組んできましたが、一部のプログラムなどを再検討しながら、次世代の観光を担い、価値を創造できる人材の育成に取り組んでまいります。さらに、質の高い観光地域づくりを行うために、地域の合意形成をサポートする観光地域づくりの診断ツールを活用したモデル事業を通じ、地域観光の質的向上の主体となる観光地域づくり法人(DMO)を支援します。

 この他にも時機に合わせた政策提言活動なども実施してまいりますので、引き続き皆さまのご理解とご協力を賜りたく存じます。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram