【新年ごあいさつ】 全日本ホテル連盟 会長 清水嗣能

  • 2023年1月6日

「TEAM」

 2022年は、50周年記念式典開催という大きな節目でした。われわれは自分たちだけのために集まっているのではなく、観光立国日本の実現と地域の発展に寄与することが連盟の存在する社会的意義であり、われわれのミッションであるとしてMVVSを策定しました。いわゆる理念であり、宿泊業を通して国の観光振興に役立つ存在になることを標榜(ひょうぼう)しています。

 その前年の21年4月、連盟の名称も「ビジネス」や「シティ」といった業態を限定する言葉から最大公約数である「ホテル」だけにして、個性豊かな業態のホテルがともに集まることができますよう、全日本ホテル連盟へと改称しました。会員数も準会員を含め50周年で目標としていた1千軒を越え、1150軒を数えるに至り大きな組織になっています。

 この間、コロナ禍という予期せぬ災禍に見舞われました。たいへんな時期でしたが、この原稿を執筆している時、折しもW杯で日本が活躍し帰国したニュースが流れ、監督や選手は口々にみんなが一丸となってこのような結果を出せたと言っています。私もまた、連盟活動において、良いTEAMに恵まれ、ここまでやって来られたことに感謝しています。TEAMの語源はTogether’Everybody’Achievement and Moreであるという話を聞いたことがあります。「みんなで一緒により多くのことを達成しよう」という意味です。

 23年は、インバウンドが再開し、人手不足が深刻さを増す年になるでしょう。だからこそ、全国旅行支援で体力回復をしたならば、この業界がより魅力的で、働きたい職場であると思われますよう、従業員の待遇改善とともに、より良いTEAMづくりに励み、宿泊業の魅力を伝えていかなければなりません。業界全体として、観光立国実現と地域の発展に寄与できますよう、新しい物語をホテルから紡いでいきましょう。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram