【年頭所感】「新しいものを生み出す」一歩を 阪急交通社社長 酒井 淳

  • 2021年1月25日

酒井社長

 2020年は、世界規模で新型コロナウイルスによる未曾有(みぞう)の危機に見舞われ、あらゆる業種を取り巻く環境が大きく変貌しました。感染症と向き合う生活様式や社会全体の仕組みと構造の「変化」は、ニューノーマルへの対応を余儀なくさせ、さまざまな規制改革やデジタル化が推進。経済再生は企業が率先して取り組むべき課題として位置づけられました。

 こうした変化の中で旅行業界への施策であるGo Toトラベル事業が「経済と感染対策の両立」を目的に7月後半より開始され、アクセルとブレーキを繰り返しながらも需要の回復に寄与することとなりました。

 2021年は、ウィズコロナ、ポストコロナにおける新しい社会に向けての変化が加速的に進むとみられ、デジタルトランスフォーメーションの象徴的な年になるのではないかと思われます。

 当業界では、諸外国との渡航再開による海外旅行、訪日旅行の需要回復には、まだ時間がかかることが想定されるものの、新しい社会とライフスタイルを見据えた上で、新たな価値提供を行うことは急務であり、それと同時に、安心と安全を担保した旅行商品を提供できる環境を整えていく大事な年であるとも考えます。

 当社では、こうした「変化」の時代をきっかけに、「新しいものを生み出す」一歩の年にしたいと考え、以下に取り組みます。

 第1に、ニューノーマルの時代における「安心と安全のサービスの提供」を実現するバリューチェーンの構築。

 第2に、国内旅行の強化においては、添乗員同行の募集型企画旅行の充実はもちろんのこと、従来の個人型商品にダイナミックパッケージを加えることで、多様化市場に対応した品ぞろえの実現。

 第3に、社会の変化やスピードに対応するためのデジタル化の推進。販売チャネルにおけるウェブ強化や顧客接点におけるオンラインの利用、デジタルマーケティングの促進、テレワークやクラウド環境の活用による業務の効率化など。

 海外旅行の復活が望まれ、また国内のさらなる需要増が期待されますが、社内外における感染予防対策と旅行商品の品質管理を一層徹底することで、お客さまが期待する旅行サービスの提供に全力を尽くしてまいります。

 引き続きご支援ご鞭撻(べんたつ)のほど、よろしくお願い申し上げます。

酒井社長

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram