【岐路 バスと観光 新たな関係 91】高速バスのバスターミナル4 成定竜一

  • 2018年5月30日

 高度経済成長期には、地方都市で、地元バス事業者自らが商業施設を開発し、その一角にバスターミナルを設置する例が目立った。

 新潟交通らによる「万代シティバスセンター」、庄内交通による「庄交モール」(鶴岡市)、宮崎交通による「宮交シティバスセンター」など全国に相当数見ることができる。旧来の繁華街または鉄道駅前(いずれにしても、いわゆる中心市街地)に立地し、GMS(ダイエーやイトーヨーカドーなど)がキーテナントであるとともに、自家用車駐車場も備える。

 逆に、百貨店などの商業施設の側が、大手私鉄のターミナル駅併設の百貨店(いわゆるターミナルデパート)に倣ってバスターミナルを自ら設置したり誘致したりした例もある。天満屋バスセンター(岡山)、広島バスセンター(百貨店「そごう」に併設)、山形屋バスセンター(鹿児島)などがそうだ。
いずれも、地方部において、乗合バス事業者は「地元の名士企業」であり、交通の主役がバス、商業の主役が中心市街地だった時代の話である。

 余談だが、新潟や熊本、宮崎などで、バスターミナルに巨大なボーリング場が併設されていた点は、その象徴と言える。

 国が「コンパクトシティ」政策を進める中で、このような「都市の核」としてのバスターミナルは、地域公共交通ネットワークの拠点として再び注目を集めるかもしれない。

 だが、高速バスの分野においては、クルマ社会化が進む地方部でパーク&ライドのニーズは高まる一方である。高速道路のインターチェンジ付近などに広大な駐車場を設置し、そこに高速バスの停留所を併設するのである。その場合、普通は、「バスターミナル」と呼ばれる規模にはならないが、「木更津金田バスターミナル」(千葉県)などは立派な規模である。

 東日本大震災以降、鉄道が寸断された福島県南相馬市では、仙台などと結ぶ高速バスと、地域内の交通機関(地元の人にとっては自家用車。外来客にはタクシーなど)との乗り換え拠点として、高速道路のインターチェンジ前にバスターミナル整備が進んでいる。

(高速バスマーケティング研究所代表)

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら