【岐路 バスと観光 新たな関係 86】高速バスと観光24 成定竜一

  • 2018年4月17日

 高速バスと観光の関係について、ここまで考えてきた内容をあらためて整理すると以下のようになる。

 現在、高速バスの年間輸送人員は1億人を超え、国内線航空を上回っている。さらに成長基調が続く「鉄道に次ぐ第2の幹線輸送モード」である。だが、その中の多くは地方在住者の「都会への足」としての利用であり、観光客の利用はごく一部でしかない。

 もっとも、鉄道の直通がなく、かつ1カ所滞在型のデスティネーション(テーマパークやアウトレットモールなど)を中心に、観光客に支えられている高速バス路線もある。既に地方在住者の市場を掘り起こし終えている以上、こういった流れを拡大することが高速バス市場の拡大につながる。そのためには、1カ所滞在型の旅行だけでなく、周遊型の旅行においても高速バスのシェアを引き上げることが必要となる。

 タイミングよく、旅行市場(国内および訪日の両方)が、着実に個人旅行にシフトしている。そのうちクルマ旅行の分野は、旅程作成が簡単で柔軟であることから先行して変化が進み、旅行者一人一人の興味関心に基づいた「パーソナルな旅行」を楽しむ環境が整った。

 だが公共交通を乗り継ぐ旅行については、旅程作成段階、および旅行中の移動(乗り換えや手荷物)においてストレスが大きく、個人旅行のハードルは高いままである。

 むろん、クルマ旅行の柔軟さと同等レベルは望むべくもないが、非クルマ旅行の分野でも、ますます多様化する旅行ニーズに応えられるよう、そのストレスを軽減する環境づくりが求められている。

 その意味で、商品を比較的柔軟に設定でき、例えば観光施設や宿泊施設、国際空港などに直接乗り入れることができる高速バスは有望な輸送モードである。だが、単純に直行の高速バス路線を設定したから観光客が増えるというものでもない。

 高速バスに求められていることは、具体的には何だろうか。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

忙しい夏の季節が過ぎ去り、一段落中ではあろうが、今度はすぐさま行楽シーズンまでの閑散期対策に追われるという施設も多いのではなかろうか。そこで、今号では秋の集客対策について…

続きを読む

雪国観光圏は、新潟県湯沢町、十日町市、南魚沼市、魚沼市、津南町、長野県栄村、群馬県みなかみ町の3県7市町村で構成される。2008年に国土交通大臣の認定を受け、日本版DMO…

続きを読む

乗務員不足の第2の背景が、バス業界に固有の問題である。 2000年に道路運送法が改正され、特に貸し切りバスの分野において新規参入が容易になった。それまでは、需給調整を目…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!