【岐路 バスと観光 新たな関係 79】高速バスと観光17 成定竜一

  • 2018年2月13日

 「個人旅行者(邦人もFITも含めて)が公共交通を乗り継いで、最小限のストレスで旅行できる環境」を作り上げることは、簡単なことではない。宅配便事業者と提携し手荷物託送サービスを開始するにせよ、「高速バスとバスツアーの中間」型の商品を開発するにせよ、主要ホテルでのピックアップ・サービスを提供するにせよ、実はリスクは大きい。

 その理由は、「毎日、安定して提供しなければならない」という点にある。特定日のみ設定し、高い乗車率で催行するバスツアーとの根本的な違いである。

 従って、いきなり全国津々浦々までこれらの施策を行うことを求めるのは難しいだろう。まずは観光客、特に、手荷物の大きさや言葉の問題など旅行中のストレスが大きく、一方で周遊ルートが集中しがちなFIT向けに、「観光回廊(コリドー)」を整備することが重要である。

 わが国で最も成功したコリドーは、「昇竜道(中部国際空港~名古屋~高山~白川郷~金沢・富山)」であるが、行程のほとんどは高速バスを使い、それらを乗り継ぐための企画乗車券「昇竜道高速バスきっぷ」が好評である。

 この企画乗車券で乗り継げるルートは、ほぼ、従来から運行されていた高速バス路線をつなげたものにすぎない。2012年という早い時期から、中部運輸局が主体となってインバウンド集客のプロジェクトが積極的に進められたことに加え、口コミで評価が高まり、一気に人気の観光回廊が成立した。

 バス事業者や宿泊施設らから見れば、「突然、外国人客の比率が高まり、対処療法を重ねているうちに、気が付けばFITを受け入れる環境が整っていた」というのが本音だろう。

 もっとも、FITへの社会の、特に自治体の関心が高まっている今では、行政主導によるコリドー作りではどうしても総花的になってしまう。交通事業者を中心に、民間ベースで、お隣の観光地をつなぐ作業を重ねていくしか方法はないだろう。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

例年100日以上の間、国内外を旅している筆者。47都道府県中なぜか宿泊したことがなかったのが、山口県であった。このたび機会を得て、同県長門市湯本温泉の「大谷山荘」に伺った…

続きを読む

東京・銀座から新橋側に向かう。がんセンターに着く前に、古ぼけた風格ある料亭の前を通る。江戸時代の昔からの伝統を誇る料亭だ。よく観ると閉店したかの様子。赤坂の名だたる料亭も…

続きを読む

数十年来の強い寒波が居座り、北陸地方に大雪をもたらし、交通まひが起こっている。その寒波の中で始まった韓国での平昌オリンピックでも、厳しい寒さは選手のコンディションづくりに…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?