【岐路 バスと観光 新たな関係 139】バスと観光のこれから8 高速バスマーケティング研究所代表 成定竜一

  • 2019年6月25日

 一般旅行者が、「ここに行ってみたい」と感じて(旅行会社やデスティネーションの立場としては、そう感じてもらえるようプロモーションを実施して)から手配(予約)が完了するまでの「旅行流通」(認知から予約まで)において、「旅程作成」というフェーズがボトルネックになっている、というのが筆者の認識である。

 富裕なシニア層など特別なケースを除けば、旅行会社のカウンターで人手をかけてじっくりと相談に乗る、というスタイルが一般的になるとはちょっと思えない。コストの問題以上に、予約来店といったハードルの高さを一般旅行者が受け入れることはないだろう。

 将来的には、人工知能(AI)が大量のデータを分析し、個別の旅行者の興味関心に基づいた旅程を自動生成することもあるのだろうが、それにはもう少し時間がかかりそうだ。

 そもそも、一人一人の旅行者の「琴線に触れる」旅行を提供しなければツーリズム産業の未来はない、という流れの中にある話だから、中途半端な個性や完成度の低い旅程であれば、「旅行会社のパッケージの方がマシ」という話になってしまう。

 筆者自身、具体的なサービス内容を思いついているわけではないが(思いついていたら既にサービス開発に着手しているはず。ビジョンに共感し協業をご検討いただける方がいらっしゃったらぜひご連絡いただきたい)、ごくごく一般的な旅行者の「あそこに行きたい」「こんな体験をしてみたい」というあいまいで漠然とした希望を、最適な旅程として生成するサービス(おそらくはウェブ上のサービスまたはスマホアプリ)を誕生させることが、ツーリズム産業にとって最大のイノベーションになるはずである。

 旅行の「流通」のあり方が整って初めて、より個性的で多様な着地型コンテンツを筆頭に、「商品」サイドにおいても個人旅行への対応をより深めることが可能になるだろう。

 仮にそのような環境を得たとして、それでは、個人旅行時代に求められるバス商品とはいったいどのようなものになるのだろうか。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

越後浦佐毘沙門堂の大ロウソク祭り(新潟県南魚沼市) 今回取り上げるのは、毎年3月に行われる浦佐毘沙門堂(新潟県南魚沼市)の「裸押合大祭(はだかおしあいたいさい)」。いわゆ…

続きを読む

酒屋さんが造ったチーズ。え?何それ?と思う。正確に言えば、チーズを生産しているワケではなく、企画立案し、世に送り出したのが酒屋さんなのだ。その名は「SakkasLatt…

続きを読む

2016年春に熊本地震によって休業を余儀なくされた、南阿蘇の麓に湧く地獄温泉清風荘。村道喜多・垂玉線が開通したことで、3年の時を経て再開したというニュースを聞き、ようやく…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube